「眠れなくなるほどキモい生き物」大谷智通著 猫将軍絵

公開日: 更新日:

「入水自殺するカマキリ」「天敵であるはずのネコに近づいていくネズミ」――意思に反してカマキリやネズミをそうした行動に駆り立てているのは実は寄生虫だという。

 カマキリを宿主にする寄生虫の正体はハリガネムシ。ハリガネムシは、カマキリの脳に作用する神経伝達物質を出し、光を反射する水面を見ると、水に飛び込むよう操っているという。なぜそうするのか、水中でカマキリから出て、パートナーと交尾するためだ。そして水中の石などに産み付けられたハリガネムシの卵は、孵化後、ユスリカなどの水生昆虫に取り込まれ、その体内で休眠。水生昆虫が羽化して陸上に移動後、カマキリなどに捕食されると、その体内で休眠から目覚め、寄生生活が始まる。

 彼らが宿主を入水させるのは、次世代により良い環境を残すためでもあり、小さな体で宿主のみならず生態系さえも操作しているのだとか。

 本書は、このように狡知にたけた戦略家をはじめ、グロテスクな姿をしたものや、人間にとりつき、時に死をもたらすものまで、おぞましくも不思議な生態の寄生虫を紹介するイラスト図鑑。

 冒頭で紹介したもうひとつのエピソードの主役はトキソプラズマ原虫。ヒトを含むすべての哺乳類と鳥類に寄生する寄生生物界最大の成功者だ。全人類の3分の1が寄生されているそうだが、ネコ科の動物に行きついた時だけ次世代をつくる。

 一方でトキソプラズマに寄生されたネズミは、恐怖心が薄れ、あろうことかその尿の臭いにひかれネコに近づくという。

 そんな身の毛のよだつような寄生虫が次から次へと27種。怖いもの見たさでついついページを繰ってしまう。もしかしたら、最近のネコブームも人間に寄生したトキソプラズマの仕業かも。

(集英社インターナショナル 1870円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

  2. 2
    宮地真緒が36歳ラストヌード写真集で魅せた正統派セクシー

    宮地真緒が36歳ラストヌード写真集で魅せた正統派セクシー

  3. 3
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  4. 4
    ジョコビッチ反撃のノロシ!「精神的苦痛受けた」5億円の損害賠償求め豪政府を提訴へ

    ジョコビッチ反撃のノロシ!「精神的苦痛受けた」5億円の損害賠償求め豪政府を提訴へ

  5. 5
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

もっと見る

  1. 6
    関ジャニ∞大倉忠義と広瀬アリスの熱愛報道にジャニーズ事務所が「ノーコメント」なワケ

    関ジャニ∞大倉忠義と広瀬アリスの熱愛報道にジャニーズ事務所が「ノーコメント」なワケ

  2. 7
    岸田首相は感染猛拡大後もグルメ三昧! 高級店で連夜の会食、口先だけの「コロナ最優先」

    岸田首相は感染猛拡大後もグルメ三昧! 高級店で連夜の会食、口先だけの「コロナ最優先」

  3. 8
    年末に相次いだ首都圏の揺れ…2022年に巨大地震の危ない場所はどこか? 専門家が見解

    年末に相次いだ首都圏の揺れ…2022年に巨大地震の危ない場所はどこか? 専門家が見解

  4. 9
    安倍元首相が露骨な反撃!岸田首相の目玉政策に文句ブーブー「理解してる人はほとんどいないでしょ」

    安倍元首相が露骨な反撃!岸田首相の目玉政策に文句ブーブー「理解してる人はほとんどいないでしょ」

  5. 10
    庶民の味方「立ち食いそば」安くてウマいはもう望めない? 原材料高で値上げラッシュ

    庶民の味方「立ち食いそば」安くてウマいはもう望めない? 原材料高で値上げラッシュ

人気キーワード