「眠れなくなるほどキモい生き物」大谷智通著 猫将軍絵

公開日: 更新日:

「入水自殺するカマキリ」「天敵であるはずのネコに近づいていくネズミ」――意思に反してカマキリやネズミをそうした行動に駆り立てているのは実は寄生虫だという。

 カマキリを宿主にする寄生虫の正体はハリガネムシ。ハリガネムシは、カマキリの脳に作用する神経伝達物質を出し、光を反射する水面を見ると、水に飛び込むよう操っているという。なぜそうするのか、水中でカマキリから出て、パートナーと交尾するためだ。そして水中の石などに産み付けられたハリガネムシの卵は、孵化後、ユスリカなどの水生昆虫に取り込まれ、その体内で休眠。水生昆虫が羽化して陸上に移動後、カマキリなどに捕食されると、その体内で休眠から目覚め、寄生生活が始まる。

 彼らが宿主を入水させるのは、次世代により良い環境を残すためでもあり、小さな体で宿主のみならず生態系さえも操作しているのだとか。

 本書は、このように狡知にたけた戦略家をはじめ、グロテスクな姿をしたものや、人間にとりつき、時に死をもたらすものまで、おぞましくも不思議な生態の寄生虫を紹介するイラスト図鑑。

 冒頭で紹介したもうひとつのエピソードの主役はトキソプラズマ原虫。ヒトを含むすべての哺乳類と鳥類に寄生する寄生生物界最大の成功者だ。全人類の3分の1が寄生されているそうだが、ネコ科の動物に行きついた時だけ次世代をつくる。

 一方でトキソプラズマに寄生されたネズミは、恐怖心が薄れ、あろうことかその尿の臭いにひかれネコに近づくという。

 そんな身の毛のよだつような寄生虫が次から次へと27種。怖いもの見たさでついついページを繰ってしまう。もしかしたら、最近のネコブームも人間に寄生したトキソプラズマの仕業かも。

(集英社インターナショナル 1870円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”