「最強の神様100」八木龍平著

公開日: 更新日:

 お正月には、日本人の7割の人が初詣に神社を参拝。初詣だけでなく、日頃から参拝を欠かさない人、また「苦しい時の神頼み」と何かあれば、神社に駆け込む人も多い。日本人と神様は切っても切れない仲だ。しかし、一方で神社に行っても「そんなにいいことは起こっていない」「何も変わらない」「どうせ無理だし」などと心のどこかで思っている人もいるのでは。

 理系大学院生のとき、進路について初めて神頼みをした著者は、願い通り、狭き門の大手メーカーの研究所に就職することができた。その体験から、密かに神様の研究も始め、わかったのは「神頼みは、神様のことを知らないと始まらない」ということだったという。

 本書は、八百万といわれる日本の神様の中から、歴史上の人物たちが頼り、夢をかなえた最強の神々を紹介するガイドブック。例えば、日本最初の天下人・葛城氏が信仰した神様「アヂスキタカヒコネ」は、「悪いことが続いているな~と感じている人」にお勧めの「真の真の最強の神様」。

 別名は迦毛大御神といい、日本最初の首都・奈良県御所市の高鴨神社に祭られる。ここは全国にあるカモ(賀茂・鴨・加茂)神社の総本社だ。

 同じく葛城氏が信仰した「シタテルヒメ」(下照姫)は、アヂスキタカヒコネの妹神で「運命の恋をしたい人や、天職を見つけたい人」にぴったりの女神。実は「七夕の織り姫」はこの女神だという。

 その他、源頼朝が信仰した、どうにもならなそうな運命やしがらみを一変させる不思議な力を発揮する「アメノオシホミミ」や、あの江戸南町奉行・大岡忠相も屋敷に祭った、人間の2大欲求「性と金」に対応するものすごくわかりやすい女神「トヨカワダキニシンテン」など。あなたに必要な神様がきっと見つかる。

(ダイヤモンド社 1650円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”