「東京の城めぐり」辻明人著 小和田哲男監修

公開日: 更新日:

 東京の城といえば、誰もがすぐに江戸城を思い浮かべるだろう。かつての江戸城は、現在の千代田区全域と中央区の大半、そして港区の一部を含む世界でもまれな大城郭だったゆえに、その存在感は半端ない。

 しかし、じつは東京には、江戸城だけでなく、23区内に約100、多摩地区を含む都全体では約200の城跡があるという。本書は、東京のあちらこちらに残る城跡を紹介するガイドブック。

 まずは江戸城の遺構や現存建造物などの見どころや、江戸城を最初に築いた太田道灌の事績を紹介。その上で、いよいよ都内の城めぐりへ。

 JR赤羽駅近くの住宅街の丘の上、現在は静勝寺というお寺の境内は、かつての「稲付城」の主郭(本丸)だったという。

 稲付城も道灌ゆかりの城で、もともと豊島氏の砦だったものを築き直し、東の岩付(岩槻)街道を押さえ、江戸城と「岩付城」方面を結ぶ「繋ぎの城」にしたそうだ。境内には城跡を示す碑や、発掘調査で出土した稲付城時代の石などがある。

 昨年、閉園した遊園地「としまえん」も、豊島氏が本拠・石神井城の支城として築いた「練馬城」の跡だという。

 その他、渋谷駅東口近く、現在は「金王八幡宮」の場所に平安時代末期に築かれた「渋谷城」や、鎌倉時代にこの地の武士・池上宗仲の館だった都内の名刹・池上本門寺など。23区内の城跡の多くが現在は寺院や神社となっている。

 一方で関東屈指の名城と評される「滝山城」や、秀吉の小田原攻めの際に激戦の末に落城した「八王子城」など、多摩地区には、往時の面影を今に伝える城跡も多い。

 都内、さらに関東各県でお勧めの名城まで、120余のスポットを紹介。

 街歩きの新たなテーマに城跡巡りもいいのでは。

(G.B. 1848円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”