北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「賭博常習者」 園部晃三著

公開日: 更新日:

 競馬小説である。カジノやチンチロリンも登場するので、正しくはギャンブル小説というべきだが、中心になっているのは競馬である。牧場を経営していた叔父の関係で、高校生のときから競馬場に出入りし(舞台は北関東だ)、その後は何度もアメリカに渡り、主人公コウスケの波乱の半生が始まっていく。

 面白いのは、テレビの制作現場で働いていた20歳のころ、乗馬クラブのロケに行くと、仕事は終わってもそのまま居残り、馬の世話をして何年も過ごすことだ。行き当たりばったりなのである。単に、でたらめであるのではない。博徒のイワヤに連れられて温泉の賭場に行き、チンチロリンで彼が1000万円を勝つ現場を目撃するのは高校生のときだが、コウスケが一緒だと勝てる気がした、とイワヤが言うくだりに留意。神に愛される少年なのだ。

 そのころ、コウスケに性の手ほどきをするヒロミママとの関係にも同様の手触りがある。こういう絆があるからこそ、ラストの(ネタばらしになるので詳しくは書けないが)感動的な場面から熱いものがこみ上げてくる。

 登場人物の造形も、こういう構成もうまい。博打小説であるから、ギャンブルに関する箴言(しんげん)も少なくないが「博打は退き際が肝心だ。シモ(打ち止め)だ」というイワヤの言葉が、だらだらと続ける身にはいちばん染みる。

 著者は、1990年に小説現代新人賞を受賞した人で、単著は今回が初。帯には「ろくでなしの自伝的長編」とある。

(講談社 1870円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

  2. 2
    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

  3. 3
    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

  4. 4
    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

  5. 5
    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

  3. 8
    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

  4. 9
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  5. 10
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

人気キーワード