「SDGsの不都合な真実」川口マーン惠美他著 杉山大志編

公開日: 更新日:

 世界中で大流行の「脱炭素」。SDGsのゴール7にも「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」と掲げられている。しかしその背景には意外な落とし穴があるとして、本書では各分野のスペシャリスト12人が徹底リポートしている。

 エネルギー問題でとくに注目されているのが水素だ。燃やしてもCO2が発生しない次世代のエネルギーとしてもてはやされ、東京オリパラでも水素で動く燃料電池バスが選手を運び、聖火の燃料も水素だと喧伝されていた。しかし、水素エネルギーには克服すべき問題が山積している。

 まず、エネルギーには1次と2次の2種類がある。石油や石炭などの化石燃料と原子力、水力や風力などの自然エネルギーは1次エネルギーであり、直接的なエネルギー“源”だ。一方、2次エネルギーとは1次エネルギーを加工して得られるもので、ガソリンなどの石油製品や、天然ガスまたは石炭から製造される都市ガス、また電力などが挙げられる。水素もこの部類に属しており、水素を「何からどのように作るか」は脱炭素を目指すうえで非常に重要な問題となる。

 現在、もっとも安価に水素を作る方法は天然ガスの中のメタンを水蒸気改質という方法で処理するものだが、実はこの際、メタンを燃やしたときと同量のCO2が発生するという。さらに、製造時に発生したCO2は圧縮して海底や地中に埋める方法が用いられるが、これにもエネルギーを消費してCO2排出が増えるというから本末転倒だ。

 本書では、メガソーラーや電気自動車、身近なレジ袋有料化まで取り上げ、脱炭素社会の負の側面を明らかにしている。環境保護は間違いではない。しかし、真実を知らなければ有害にもなり得るのだ。

(宝島社 1320円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  2. 2
    日本スポーツ界はやっぱり“政府の犬” JOC山下会長「北京五輪ボイコット」めぐる発言で再露呈

    日本スポーツ界はやっぱり“政府の犬” JOC山下会長「北京五輪ボイコット」めぐる発言で再露呈

  3. 3
    TBS「報道特集」放送後に勃発! ネオニコ系農薬めぐり業界団体と研究者が“場外乱闘”

    TBS「報道特集」放送後に勃発! ネオニコ系農薬めぐり業界団体と研究者が“場外乱闘”

  4. 4
    大谷翔平の私生活は謎だらけ…オフは婚活の貴重な時間、玉の輿狙いの女子アナたちは?

    大谷翔平の私生活は謎だらけ…オフは婚活の貴重な時間、玉の輿狙いの女子アナたちは?

  5. 5
    「おぼん・こぼん」の経済効果は絶大!水ダウが生んだ“犬猿の仲”芸人は2022年もガッポリ?

    「おぼん・こぼん」の経済効果は絶大!水ダウが生んだ“犬猿の仲”芸人は2022年もガッポリ?

もっと見る

  1. 6
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 7
    MLB労使交渉決裂は巨人に朗報? ロックアウト不可避で優良助っ人ゴロゴロ、日本球界は買い手市場に

    MLB労使交渉決裂は巨人に朗報? ロックアウト不可避で優良助っ人ゴロゴロ、日本球界は買い手市場に

  3. 8
    ふるさと納税“返礼品パリピ”に再考促す自治体 東京23区などの税金流出は深刻

    ふるさと納税“返礼品パリピ”に再考促す自治体 東京23区などの税金流出は深刻

  4. 9
    NMB48渋谷凪咲が“新バラエティー女王”に大躍進!毒舌でも天然ボケでもないユニークな魅力とは

    NMB48渋谷凪咲が“新バラエティー女王”に大躍進!毒舌でも天然ボケでもないユニークな魅力とは

  5. 10
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

人気キーワード