「魂を撮ろう ユージン・スミスとアイリーンの水俣」石井妙子著

公開日: 更新日:

 1971年、世界的に知られるフォトジャーナリスト、ユージン・スミスは、2番目の妻アイリーンと一緒に水俣にやってきた。アメリカ人の父と日本人の母を持つアイリーンは、当時まだ20歳。ニューヨークで出会った2人は、31歳の年の差を超えて結婚、運命に導かれるように日本に渡り、それから3年間、水俣で公害病に苦しむ人たちを撮り続けた。

 2人は古びた小さい木造の家を借りて住んだ。便所は汲み取り式で、風呂は薪でたく五右衛門風呂。村の人と同じ暮らしをしながら、水俣病患者の家庭を訪ね歩いた。一緒にお茶を飲み、アイリーンの通訳で語らう。ユージンは大柄で目立つし、日本語もわからない。それでも自然に集落に溶け込み、人気者になった。相手との関係が築けるまで、シャッターを押さなかった。扱いにくい写真家と思われているユージンだが、「田舎のアメリカ人の素朴さみたいなものがあった」とアイリーンは語っている。

 ユージンは水俣で、人間の営利主義の犠牲者たちの苦しみを撮ろうとしていた。その中に、10代半ばの美しい少女がいた。彼女は歩けない。話せない。いつも口からよだれが垂れている。それなのに、何枚撮っても健康なかわいらしい少女に写ってしまう。「私の写真にはあなたの苦悩が少しも写っていない」。ユージンは床を拳で叩きながら泣くこともあったという。アイリーンに支えられて撮った水俣の写真は、ユージン・スミス最後の作品となった。

 アイリーンとユージン、それぞれのルーツから書き起こし、水俣病の発症、公害認定、裁判に至る長い道のり、水俣の現在にまで言及した大スケールのノンフィクション。ジョニー・デップ主演の映画「MINAMATA」が上映されているが、本作を読めば、感動と理解は格段に深まるだろう。

(文藝春秋 2090円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

  2. 2
    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

  3. 3
    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

  4. 4
    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

  5. 5
    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

  3. 8
    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

  4. 9
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  5. 10
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

人気キーワード