「落暉(ゆうひ)に燃ゆる 大岡裁き再吟味」辻堂魁著

公開日: 更新日:

 元文2年晩秋、大岡越前守忠相が江戸南町奉行から寺社奉行に転出して1年余が過ぎた。表向きは栄転だが、忠相が主導した貨幣吹き替えを巡り、両替商などの巨大商人との暗闘に敗れた結果だった。

 ある日、気鬱で登城を控え日記に向き合っていた忠相の脳裏に、5年前に南町奉行所の大白洲に座っていた男の顔が蘇る。指物職人の与佐というその男は、米問屋高間の手代を殺した罪で打ち首の裁定が下り結審。あとは言い渡すばかりだった。事件は、飢饉で米価が高騰、群衆が米を求めて問屋に押し寄せた騒動の中で起きた。与佐の最後の言葉が耳に残る忠相は、鷹匠の息子・十一の助けを借り、もう一度、高間騒動について調べ直す。

 還暦を過ぎた名奉行が過去の事件と向き合う時代小説新シリーズ。

(講談社 748円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

  3. 3
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 4
    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

  5. 5
    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

もっと見る

  1. 6
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

  4. 9
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  5. 10
    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷

    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷

人気キーワード