「兵諫(へいかん)」浅田次郎著

公開日: 更新日:

 1936年初秋、ニューヨーク・タイムズ紙で中国語通訳兼翻訳者として働いていたジェームス・リー・ターナーは、中国情勢を取材する任を受けて上海を訪れた。そこで出会ったのは、朝日新聞特派員・北村修治と、表向きは大倉商事上海支店の社員で実は日本軍の特務機関員である志津邦陽。北村は抗日運動が盛んな南京で取材するのが困難になり上海入りしたばかりだとジェームスに言い、情報交換しようと持ち掛けた。

 西安の町が封鎖され、鉄道も交通も通信も途絶えた中、互いに連携して取材をしようと試みたものの、どちらもなかなか正確な情報が掴めない。

 そんな中、張学良が蒋介石の身柄を拘束したというクーデターの知らせが届く。蒋介石の安否は依然不明。張学良はクーデターを起こしたのではなく、蒋介石に方針の転換を迫るべく兵を挙げて主の過ちをいさめる「兵諫」を行ったのではないかと志津は主張するのだが……。

 本書は、大人気の「蒼穹の昴」シリーズ第6部。日中戦争の前年度に起こった二・二六事件と西安事件の背景やその意図をたどりながら、2つの事件の接点を探っていく。

(講談社 1760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

  2. 2
    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

  3. 3
    皇室も宮内庁も情報発信を一から考え直さないと誤解と悲劇は続く

    皇室も宮内庁も情報発信を一から考え直さないと誤解と悲劇は続く

  4. 4
    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

  5. 5
    フリー俳優になる東出昌大の暗い前途…成功した「フワちゃん」との決定的な違い

    フリー俳優になる東出昌大の暗い前途…成功した「フワちゃん」との決定的な違い

もっと見る

  1. 6
    大泉洋に大仕事が次々と!NHK大河「鎌倉殿の13人」でも際立つ陰と陽

    大泉洋に大仕事が次々と!NHK大河「鎌倉殿の13人」でも際立つ陰と陽

  2. 7
    高視聴率ドラマ「DCU」に賛否 日曜劇場のマンネリ設定と“過剰サービス”で「食傷気味」の声も

    高視聴率ドラマ「DCU」に賛否 日曜劇場のマンネリ設定と“過剰サービス”で「食傷気味」の声も

  3. 8
    野良犬とロシア10歳少女の奇跡! 零下11度の猛吹雪で行方不明になったが…

    野良犬とロシア10歳少女の奇跡! 零下11度の猛吹雪で行方不明になったが…

  4. 9
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  5. 10
    <9>“近居”が最近のブームだが…老夫婦が息子の近所に住む選択はベストか

    <9>“近居”が最近のブームだが…老夫婦が息子の近所に住む選択はベストか

人気キーワード