北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「プエルトリコ行き477便」 ジュリー・クラーク著 久賀美緒訳

公開日: 更新日:

 ここには2人の女性が登場する。まず、クレア。上院議員選挙への立候補を予定している大金持ちの夫(実はパワハラ男)の暴力から逃れたいと思っている女性だ。もうひとりのヒロインは、エヴァ。彼女はドラッグ販売組織から抜け出したいと願っている。

 この2人がニューヨークのジョン・F・ケネディ空港で出会い、互いの航空券を交換する。自分ではない誰かになって目的地で降り、そのまま街中に消えれば、自分の痕跡を消すことができる。彼女たちはそう考えるのだが、事態が複雑になるのは、クレアの航空チケットを持ってエヴァが搭乗したプエルトリコ行き477便が墜落してしまうからだ。96人の乗客の生存はほぼ絶望と報道されるのだが、のちに、クレアの名前でエヴァが乗った座席には誰も座っていないことが判明する。航空チケットをスキャンしたあとに搭乗しないなんてことができるのか。エヴァはどこに消えたのか。

 一方のクレアは、手に持ったエヴァの携帯電話が鳴り、「すぐに電話しろ」というメッセージ。エヴァがどんな状況にいて、何に悩んでいたのか、クレアはまったく知らなかったのだが、その苦境をクレアは引き継いでしまったのである。パワハラ夫の魔手から本当に逃げ切ることができるのか、エヴァを追いかけてくる男たちを振り払うことができるのか。クレアの必死の逃避行がここからスリル満点に始まっていく。拾いものの一冊だ。

(二見書房 1408円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾