「パフェが一番エラい。」斧屋著

公開日: 更新日:

 パフェ評論家の著者は、年に約365本、これまでに3000本を制覇。それでも食べ尽くせないほど、巷には魅力的なパフェがあふれているという。

 パフェの見栄えの美しさ、かわいさ、華やかさは、他のスイーツから頭ひとつ抜きんでていると絶賛。その視覚的な魅力は、パフェの魅力のごく一部でしかない。「五感を総動員して、物語のように、あるいは生演奏のライブのように楽しめる」パフェは、「食べ物ではない」とまで言う。

 つまり、パフェは「音楽であり、映画であり、絵画であり、建築であり、文学」であり、「究極のエンターテインメント」だと断言する著者による熱い熱いパフェ啓蒙本。

 パフェは食べようと思えば、いつでもどこでも食べられる。レストラン、カフェ(喫茶店)、フルーツパーラー、パティスリー(洋菓子店)、さらにはコンビニ、カラオケ、居酒屋まで。パフェは巷にあふれている。なのに大人は、メニューに書かれたソレを見て見ぬふりをしてきたのかもしれない。

 ではどこから始めるか。氏は、ファミレス、それもロイヤルホストの季節限定のパフェがよいという。甘すぎたり、最後まで食べられなかったりの幼い頃のトラウマを払拭してくれるパフェが手頃に食べられるそうだ。

 パフェに開眼したら老舗フルーツパーラーやパティスリー、さらに数量限定や予約制に挑戦すべし。値段も3000円を超えるモノがあるが問題ない。「パフェは食べ物ではないのだから」

 フルーツパーラー系とパティスリー系の違いなど基礎編に始まり、食べにくさを楽しむなどの応用編、そしてパフェを宝石や機械仕掛けの腕時計に見立てる発展編まで。これまで味わい愛でてきた名店のパフェを紹介しながら熱く語り尽くす。

 さあ、本書を片手にまずはファミレスへ。

(集英社 1980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

  2. 2
    宮地真緒が36歳ラストヌード写真集で魅せた正統派セクシー

    宮地真緒が36歳ラストヌード写真集で魅せた正統派セクシー

  3. 3
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  4. 4
    ジョコビッチ反撃のノロシ!「精神的苦痛受けた」5億円の損害賠償求め豪政府を提訴へ

    ジョコビッチ反撃のノロシ!「精神的苦痛受けた」5億円の損害賠償求め豪政府を提訴へ

  5. 5
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

もっと見る

  1. 6
    関ジャニ∞大倉忠義と広瀬アリスの熱愛報道にジャニーズ事務所が「ノーコメント」なワケ

    関ジャニ∞大倉忠義と広瀬アリスの熱愛報道にジャニーズ事務所が「ノーコメント」なワケ

  2. 7
    岸田首相は感染猛拡大後もグルメ三昧! 高級店で連夜の会食、口先だけの「コロナ最優先」

    岸田首相は感染猛拡大後もグルメ三昧! 高級店で連夜の会食、口先だけの「コロナ最優先」

  3. 8
    年末に相次いだ首都圏の揺れ…2022年に巨大地震の危ない場所はどこか? 専門家が見解

    年末に相次いだ首都圏の揺れ…2022年に巨大地震の危ない場所はどこか? 専門家が見解

  4. 9
    安倍元首相が露骨な反撃!岸田首相の目玉政策に文句ブーブー「理解してる人はほとんどいないでしょ」

    安倍元首相が露骨な反撃!岸田首相の目玉政策に文句ブーブー「理解してる人はほとんどいないでしょ」

  5. 10
    庶民の味方「立ち食いそば」安くてウマいはもう望めない? 原材料高で値上げラッシュ

    庶民の味方「立ち食いそば」安くてウマいはもう望めない? 原材料高で値上げラッシュ

人気キーワード