「重要証人 ウイグルの強制収容所を逃れて」サイラグル・サウトバイ、アレクサンドラ・カヴェーリウス著 秋山勝訳

公開日: 更新日:

 中国共産党政府が、少数民族の地、新疆ウイグル自治区で何をしてきたのか。何をしようとしているのか。歴史に逆行するおぞましい所業の数々が、一人の女性の命がけの証言で明るみに出た。

 サイラグル・サウトバイは、1976年に新疆ウイグル自治区で生まれたカザフ人。イスラム教とカザフ族の伝統を重んじて暮らしていた。しかし、中国政府によって故郷は急激に蹂躙されていく。多くの同胞が、開発の名の下にズタズタにされた母なる大地を悼み、静かな涙を流した。

「強く生きろ、サイラグル」。父の言葉に励まされて高等教育を受けたサイラグルは医師となり、その後、幼稚園の園長になった。愛する人と結婚し、2人の子供を授かった。しかし、少数民族への監視の目は、日に日に厳しさを増していく。

 2017年11月。突然連行されたサイラグルは、政府が職業技能教育訓練センターと呼ぶ少数民族の強制収容所で中国語を教えるように指示された。そこは地獄だった。生きる屍のような収容者たちは、手錠と足かせをはめられたままコンクリートの棺桶のような部屋で折り重なるようにして寝る。24時間、カメラが監視している。自己批判と中国共産党への称賛を強要され、宗教も言語も奪い取られる。拷問、レイプ、強制的な薬物投与、囚人の臓器摘出。人間に対する最悪の犯罪が国家の命令で行われていたという。

 5カ月後、いったんは収容所から解放されたものの、身に迫る危険を察知したサイラグルは、隣国カザフスタンへ命がけで脱出する。家族とも再会したが、亡命は認められず、国連の計らいで19年にスウェーデンに政治亡命した。

「ここで行われている残虐な行為を外の世界に伝えるのだ」。固く心に誓ったサイラグルは、いくつもの危険を乗り越えて、世界に向かって発信している。世界は目を覚まし、彼女が抱えている「はらわたが煮え繰り返るような怒り」を共有しなければならない。今、最も読まれるべき衝撃作。

(草思社 2200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  2. 2
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  3. 3
    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

  4. 4
    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

  5. 5
    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

もっと見る

  1. 6
    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

  2. 7
    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

  3. 8
    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

  4. 9
    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

  5. 10
    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!

    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!

人気キーワード