「イン・ザ・プール」奥田英朗著

公開日: 更新日:

 名医といって思い浮かぶのは、ブラック・ジャックやドクターXの大門未知子のような飛び抜けた手技を持つ医者。あるいはDr.コトー診療所のコトー先生のように患者に寄り添う献身的な医者。そんなところが一般的な名医のイメージだが、本書の主人公はそれにはほど遠いトンデモ医者。だが彼の手にかかるとなぜか患者は治ってしまう。これもまた名医なのか。

【あらすじ】出版社に勤務する大森は、夜中に呼吸困難に陥ったり下痢が続くなどの不調が続いており、神経科で治療を受けることに。

 そこにいたのは、40代前半と思われる色白の太った男。伊良部一郎というその精神科医はカルテを見ただけでストレス性の体調不良と病名を告げ、患者の悩みなど聞かないし、ストレスをなくすなんてむだな努力だから、何か別なことに目を向けた方がいいという。たとえば、繁華街でやくざを闇討ちして歩くとか……。

 呆気に取られつつもなんだか納得した大森は、プールで泳ぐことにした。すると、プールへ行かないと調子が悪くなるほどのプール依存症になってしまった。これを聞いた一郎は止めるどころか一緒にプールへ通い、揚げ句は夜中にプールへ忍び込んで思う存分泳ごうと挑発してくる。はちゃめちゃな一郎に引っ張られているうちに大森の体調は戻っていた。

 その他、陰茎強直症でペニスが立ちっぱなしのサラリーマン、誰よりも美しくスタイル抜群だという妄想にとらわれているコンパニオン、携帯依存症の高校生、自分の部屋が火事にならないか心配でたまらない強迫神経症の男、いずれも過激な一郎の前では病が引っ込んでしまう――。

【読みどころ】天然なのか計算なのか判然としないが、一郎は類例のない名医・迷医であることに間違いない。 <石>

(文藝春秋 682円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点