「あなたにもある無意識の偏見」北村英哉氏

公開日: 更新日:

「単身赴任中と聞くと父親が単身赴任だと思う」とか、「女性はこまやかな気配りができて世話好きだ」など、あなたにはそれが常識だと思い込んでいるステレオタイプ的な考え方はないだろうか。こうした無意識の偏見(=アンコンシャスバイアス)が、思わぬ失言や横暴な態度を引き起こすことを例示しつつ、失敗を避けるための実践的な対処法を指南した中高年必読の書だ。

「アンコンシャスバイアスの例としてわかりやすいのが、JOCの臨時評議会で森元首相が漏らした『女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります』という発言ですね。国内外から批判が殺到して謝罪したものの結局辞任せざるを得ない状況に追い込まれた。どうして失言や放言が繰り返されるのか、社会の中でそれを減じるためには何ができるのか、特に中高年男性に読んでほしいと思って書きました」

 本書には、冒頭、自分自身のアンコンシャスバイアスに気づけるツールとして、「育休取得や時短勤務を選択する男性社員は、昇給欲が低いと思ってしまう」とか「シニアはパソコンが苦手」「お酒が飲めない社員はつき合いが悪いと思う」など10項目のチェックリストが載っている。

■偏見に気づき、乗り越えるための7つのステップ

 さらに、無意識の偏見に気づき、乗り越えるための方策として紹介するのが次の7つのステップだ。

①相手と自分を置き換える②自分を振り返る③対話してみる④個人対個人の問題と考える⑤自分も得をしているのだと考える⑥「自分も変わることができる」と信じる⑦誰も自分の未来はわからない。

 この7つのステップを一気にやろうとせず、少しずつでも着実に試すのがいいらしい。また、言いたいことをすぐに口にせずに待ってみたり、まずは黙って相手の声に耳を傾けたりすることから始めてみることで、身近な人間関係も円滑になっていくと著者はアドバイスする。

「一昔前だったら、『気にしすぎじゃないか』とか、『そんな細かいことをいわなくてもいいじゃないか』と見過ごされてきたり、当たり前だと我慢してきたことであっても、今は誰もがおかしいと思うことにはすぐに声を上げるようになりました。アンコンシャスバイアスによって生み出される言動で周囲に無意味なストレスを与えれば職場の生産性も下がりますし、何もいいことがありません」

 最近では、ジェンダー平等を揶揄した報道ステーションのCMが大炎上して撤回された例や、トヨタが「女性に質問です。やっぱり運転は苦手ですか?」とツイートして謝罪に追い込まれた例や、美術館女子と銘打った読売新聞の連載が公開直後からネット上で激しく批判されて2週間で公開終了になった例など、枚挙にいとまがない。

「おじさん世代が知らずに身に付けた、『女性は遠慮して一歩下がっているほうがいい』や『女性は運転が苦手だ』などのアンコンシャスバイアスがこうした炎上の下地にあるんですね。そうしたアンコンシャスバイアスを抱えたままでいると、いきなり責任者を解かれたり、左遷されたり、クビになったりと、一瞬で社会的な地位が吹っ飛ぶこともままあります。正直気づきたくないかもしれませんが、気づかないまま、いきなりクビになるより今気づいて修正した方がマシですよね。人に責められる前に、自分で気づいた方が得。過去の自分に対して責任をとらせようと迫ってくる人がいないうちに対処すれば、あなたの人生がハッピーで安全になるし、寝首をかかれなくて済むわけですから」

 自分のアンコンシャスバイアスをまき散らして周囲を困惑させる人というのは実は少ない。むしろ森元首相の発言の場合のように、笑ってやりすごした人の方が多かったはずだ。そんな加害者になっている人の周囲でもやもやしている人たちも、これからのリスクヘッジのためぜひ読んでおきたい一冊だ。

(河出書房新社 979円)

▽きたむら・ひでや 東洋大学社会学部社会心理学科教授。専門は社会心理学、感情心理学。著書に「認知と感情」「なぜ心理学をするのか」、共編著書に「偏見や差別はなぜ起こる?」「心理学から見た社会」、監修に「まんがでわかる社会心理学」などがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

人気キーワード