「祈りのカルテ」知念実希人著

公開日: 更新日:

 現在放映中のTVドラマ「ナイト・ドクター」は、夜間専門のナイト・ドクターとして働く研修医たちの物語だが、そこで問題になるのは、彼らが研修期間終了後、どの診療科に進むべきかだ。本書の主人公も初期臨床研修で、さまざまな科を回りながら自分の進路を見定めていく。

【あらすじ】諏訪野良太は半年前から母校の純正会医科大学の付属病院で研修医として働いていた。現在諏訪野が研修しているのは精神科だが、どの科で研修していようと週に1回程度、救急部での当直を義務付けられている。

 ある晩、救急部に多量服薬で意識混濁の26歳の女性が搬送されてきた。しかし周囲の医師も看護師もなぜかのんびり構えている。聞くと、山野瑠香というその女性は狂言自殺の常習者で、あわよくば心配した元旦那が会いに来てくれるのではないかと期待して、もう20回以上同じことを繰り返しているのだという。諏訪野は彼女が毎月5日には決まって退院していることを知り、そうまでして病院に来るのにはもっと別な理由があるのではないかと疑う。人の心を開くのに長けている諏訪野は、見事その秘密を探り出すことに成功する。

 次の外科では胃がんの内視鏡手術を拒否する老人、皮膚科では治りかかった火傷痕に火傷する女性、小児科では薬を飲まずにぜんそくの発作を繰り返す少女、そして循環器内科では心臓移植を待つ女性と出会い、いずれも諏訪野の特技によって患者たちの閉ざされた心が開かれていく。どの科でも高い評価を得た諏訪野だが、なかなか決め手が見つからない。果たして彼はどの科を選ぶのか……。

【読みどころ】作者の現役医師としての経験に裏打ちされた研修医の多忙な日常がリアルに描かれる。 <石>

(KADOKAWA 704円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

人気キーワード