「桎梏の雪」仲村燈著

公開日: 更新日:

 文化文政の頃、将棋の世界は大橋本家、大橋分家、伊藤家といった家元棋士がしのぎを削っていた。御城将棋の日、大橋分家の九世名人、大橋宗英は病のため大手門の前で意識朦朧となり、屋敷に引き返した。文化6(1809)年11月17日、宗英は鬼籍に入る。宗英には嫡子の七代宗与と養子の英俊がいるが、実力はもうひとつ。英俊の妹、お弦は英俊に劣らぬ棋才の持ち主だが、女ゆえ、表に出ることはなかった。

 一方、伊藤家の鬼宗は名人にふさわしい実力を持ちながら、大橋本家の先代当主、十代宗桂が大橋家の家格を主張して横やりを入れたため、名人位は空位となっていた。

 棋士たちの盤上の戦いを描く時代小説。

(講談社 1815円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    公明党ブチ切れた! 夏の参院選で「自民党とは選挙協力しない」のナゼ

    公明党ブチ切れた! 夏の参院選で「自民党とは選挙協力しない」のナゼ

  2. 2
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  3. 3
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  4. 4
    東京都のコロナ濃厚接触者「1月末に33万人隔離」の衝撃試算! 社会活動ストップに現実味

    東京都のコロナ濃厚接触者「1月末に33万人隔離」の衝撃試算! 社会活動ストップに現実味

  5. 5
    沖縄アクターズスクール校長・マキノ正幸が語る半生 そして安室奈美恵との衝撃の出会い

    沖縄アクターズスクール校長・マキノ正幸が語る半生 そして安室奈美恵との衝撃の出会い

もっと見る

  1. 6
    日本各地にも深夜に津波が…トンガ大規模火山噴火がもたらす「2022年は冷夏」の不安

    日本各地にも深夜に津波が…トンガ大規模火山噴火がもたらす「2022年は冷夏」の不安

  2. 7
    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

  3. 8
    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

  4. 9
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  5. 10
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

人気キーワード