北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「俺達の日常にはバッセンが足りない」三羽省吾著

公開日: 更新日:

 バッセンとは、バッティングセンターのことで、昔はあちこちあったのに最近はめったに見かけない、とエージは言うのだ。大人も子供もたむろして楽しい場所であったのに、ああいう場所がないのは寂しい、と彼は言う。

 問題は、だから俺たちでつくろうとエージが言いだすこと。というのはこのエージ、「昔からふざけていて、授業などまともに受けず、友達を利用して、ときには裏切り、約束を簡単に破り、借りた金を返さず、強くないくせに喧嘩っ早く、どんな仕事をやっても長続きせず、おんなにだらしがない」男だから信用できないのだ。

 それでも中学の同級生たちは巻き込まれていく。土建業の家に生まれながらいまだに電話番すらまともにできないシンジ、中2までは女子最強と言われていたが、男子高校生を5秒で昏倒させた瞬間、称号から女子が取れた阿久津ミナ(現在は地元の信用金庫で窓口担当)。さらに、田舎ではあるけれど地域ナンバーワンのホストになっているアツヤ。

 彼らの事情とドラマが、バッセン事業の立ち上げと並行して語られていくのだが、これが読ませるから物語にぐんぐん引きずりこまれていく。仲のよかった同級生でもこの話に乗らないやつもいたりするから、それも妙にリアルだ。そしていちばんは、読んでいるうちに自然と、バッセンは私たちの生活に本当に必要かもしれない、という気になってくることだ。まったく不思議なことである。

 (双葉社 1980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  2. 2
    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

  3. 3
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  4. 4
    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

  5. 5
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  1. 6
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  2. 7
    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

  3. 8
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  4. 9
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 10
    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」

    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」