北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「隠れの子」 小路幸也著

公開日: 更新日:

 小路幸也が時代小説を書いた?しかも、「東京バンドワゴン零」という副題が付いている? なんだこれは? 書店でこの文庫本を思わず手に取った方も多いのではないか。

「東京バンドワゴン」といえば、小路幸也の代表作といっていい家族小説で、もちろん現代を舞台にしている。それが江戸時代から始まっている、というのか。

 それはおいおい紹介するにして、これはまず、特殊な能力を持つ人間たちの物語である。それを「隠れ」と言うが、さまざまな「隠れ」がある。たとえば、本書の主人公たる北町奉行所定廻り同心、堀田州次郎の持つ力は、類いまれな嗅覚だ。その部屋に残る匂いの片鱗を嗅ぐだけで、そこに誰がいたかを当ててしまうなど、尋常ならざる「嗅ぐ力」を持っている。

 また、大きな石を持ち上げる力を持っている者もいれば、心臓掴みの力を持っている者もいる。これは外から心臓を掴むことで死にいたらしめるということだ。ただし、離れた地点ではできず、その力を使うには限りなく接近しなければならない。堀田州次郎とコンビを組んで謎解きに取り組む少女るうの力は、それらの力を消す力だ。

 この2人がコンビを組んで、州次郎の養父を殺した者を探索するのが本書のメインストーリーだが、名字からわかるように、この州次郎が「東京バンドワゴン」の遠い先祖というわけだろう。物語が直接つながっているわけではないので、安心して手に取られたい。

(集英社 748円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  2. 2
    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

  3. 3
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  4. 4
    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

  5. 5
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  1. 6
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  2. 7
    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

  3. 8
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  4. 9
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 10
    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」

    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」