「たぶん一生使わない?異国のことわざ111」時田昌瑞氏

公開日: 更新日:

「他人の鼻で息をする」という言葉をご存じだろうか。実はコレ、他人を利用して生きることをたとえたラオスのことわざだ。

 日本でいう「人のふんどしで相撲をとる」にあたるものだが、朝鮮に行けば「他人の餅で正月を過ごす」になり、ウクライナでは「他人の手でウジ虫をつかむのは結構なこと」、ポルトガルでは「他人の帽子を使ってお辞儀をする」になる。

 本書は、そんな日本ではほとんど知られていない異国のことわざを、伊藤ハムスター氏のイラストとともに紹介した一冊だ。

「大学時代に仲間から『世界ことわざ集』の翻訳を頼まれたことをきっかけに、40年以上ことわざの調査・研究を続けています。今回、新書版を出すにあたって膨大な数の世界のことわざの中から、①古いこと②レアなこと③広い範囲からピックアップすることの3つを基準に選択しました」

 収録されていることわざは111に及ぶ。メソポタミア文明のシュメール、古代ギリシャなどの古代のことわざ、パプアニューギニアなどの地域のものまでが、1ページに1つの解説で紹介されている。

「ことわざに関して、今まで学問的なアプローチはほとんどされていませんでした。世界のことわざというと欧米や中国のものに偏りがちですが、今回は偏りのないよう、あまり知られていない言語や地域のことわざも幅広く選んでいます。ただ世界のことわざとなるとその数は膨大すぎて、全体像を把握するのも難しく、詳細がわからないものも少なくありません。そこで今回は、裏付けのないものは除外し、通読しやすく興味を持ってもらえそうなものを選んでいます」

 日本の「二兎を追う者は一兎をも得ず」が、ケニアになると「両方からくる肉の匂いがハイエナの足を折る」になったり、酒好きの常套句「酒は百薬の長」が、スイスでは「ワインは年寄りのおっぱい」になったりと、同じことが地域によってさまざまな比喩へと変化する楽しさが本書では味わえる。海外旅行が難しい今の時期、ことわざの旅を楽しむのも一興だ。

 著者一番のお気に入りは、「空が落ちてきたら皆に青い帽子ができる」というオランダとベルギーで使われていることわざ。もし青空が落ちてきても、地上のすべての人が青い帽子をかぶることになるだけだというスケールの大きな超楽観的な言葉なのだが、これはちょうど「杞憂」の真逆の状態を指す。心配事の多い日々でも余計な心配などせずに気を大きく持って生きることを勧める秀逸なことわざとして心に残ったという。

 また、「他人の妻は黄金の身体を持つ」(イディッシュ語)という世の男性の願望を表したことわざや、大罪を犯したものは罰せられず微罪の者が罰を受けることを表した「うんこした奴は逃げ、おならした奴だけ捕まる」(朝鮮語)なども面白い。

「ことわざと格言は混同されがちなのですが、私はこのふたつは違うと思っています。格言は反論できないような正論を上から目線で語りますが、ことわざは斜めからの目線で自分では言いにくいことを、面白いたとえでずばりと表現します。日本では明治時代にことわざが入った『いろはカルタ』なども作られましたが、これはいわば上から物申す教育勅語に対するアンチテーゼだったわけです。ことわざには、そんな、あまり普段大きな声で言えないような庶民目線の本音がつまっています。ことわざの魅力は表現の妙に加えて、物事を斜めに見るこうした庶民性にもあるのではないでしょうか」

(イースト・プレス 968円)

▽ときた・まさみず 1945年生まれ。早稲田大学文学部卒。日本ことわざ文化学会副会長。いろはカルタ研究の第一人者でもある。「岩波ことわざ辞典」「図説ことわざ事典」「辞書から消えたことわざ」など著書多数。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

  2. 2
    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

  3. 3
    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

  4. 4
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  5. 5
    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

もっと見る

  1. 6
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  2. 7
    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

  3. 8
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  4. 9
    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

  5. 10
    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣

    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣

人気キーワード