北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「天使と嘘」マイケル・ロボサム著 越前敏弥訳

公開日: 更新日:

 すごいシリーズが始まった。翻訳ミステリーのファンに、絶対のおすすめだ。

 主人公は、臨床心理士のサイラス・ヘイヴン。彼が児童養護施設で、ひとりの少女と出会うところから本書が始まっていく。その少女の仮の名前はイーヴィ・コーマック。なぜ仮の名前なのかというと、身元不明だからだ。6年前に男の腐乱死体が発見された民家の隠し部屋にいるところを警察が救出。11、12歳と推定されたが、体重はその半分の年齢の子供よりも少ない。髪は伸び放題で、目つきは鋭く、野生の動物のようだった。その後は児童養護施設に収容されるも、周囲と馴染まず、問題を起こしまくる。そのイーヴィをサイラス・ヘイヴンが引き取って、一緒に暮らすのが物語の真の始まりだ。イーヴィ・コーマックはヘイヴンに気を許さず、ずっと反抗姿勢のままだから、ヘイヴンも大変である。

 今回はまだ本格的なコンビ捜査が始まっていないが(現場に同行するシーンは出てくるが)、他人の嘘を見抜くという特殊能力で、この少女がヘイヴンの捜査を助けていくシリーズになるものと予想される。このヘイヴンの個性が他を圧している。

 まだ第1巻なので、語られていないことが多い。たとえば、サイラス・ヘイヴンが幼いころ、両親と双子の妹を惨殺した兄は、いまも刑務所にいるが、いずれは面会することになるだろう。そういう不穏な空気をはらんだまま、いまシリーズが幕を開けたのである。

(早川書房 1210円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

  2. 2
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  3. 3
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 4
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  5. 5
    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

  1. 6
    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

  2. 7
    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

  3. 8
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  4. 9
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  5. 10
    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも

    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも