「彼らはどこにいるのか」キース・クーパー著 斉藤隆央訳

公開日: 更新日:

 つい先日の朝日新聞夕刊の第1面に「UFO遭遇 もしかしたら」という大見出しが躍っていた。この6月に米政府が「未確認飛行物体」の報告書を公開した。それによると、米軍パイロットが目撃した未確認の飛行物体の情報や映像を検証した結果、144件のうち1件は気球と判明したが、残りは正体不明だったという。もしそれらが地球外の知的生命のものであれば、という期待(不安?)も高まってくる。

 UFOとの遭遇はともかく、地球外にも生命があり、中には高度な文明を持つものがいるに違いないという考えは以前からあった。その具体的な活動が1960年ごろから始まるSETI(地球外知的生命探査)プロジェクトだ。当初は地球外生命からの電波シグナルを受信することを目的としていたが、その後、もっと積極的なMETI(地球外知的生命へのメッセージ送信)の動きも出てきた。

 だが、このMETIには批判も強かった。相手が善悪どちらの対応するか分からない時点で安易に自分たちの存在を明かすのは危険だ、と。未知なるエイリアンとコンタクトを取ることは人類に取ってメリットはあるのか。本書は、地球外知的生命とのコンタクトに関する歴史を振り返るとともに、そこに内在するいくつもの問題に焦点を当てていく。

 エイリアンは地球人に親切か。エイリアンとコミュニケーションができるか。地球以外に住みやすい星はあるか。地球外からのメッセージは見つかるか。エイリアンは宇宙に進出しているか。宇宙で文明はどれだけ続くか……。これらの問題について、科学ジャーナリストの著者は豊富なエピソードを交えながら丁寧に解説していく。一見、荒唐無稽な議論に思えるようなものもあるが、これらエイリアンへの関心はとりもなおさず我々人類の行く末に対する関心に他ならない。

 この関心の裏には、地球のような惑星は唯一無二で、宇宙には仲間が誰もいないかも知れないという危惧も潜んでいる。夏の夜空を眺めながら、未知なる仲間に思いを馳せるのも一興。 <狸>

(河出書房新社 2970円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    荻原博子さん「老後はどうにかなる…は大間違い!」人生100年時代へ8つの実践的アドバイス

    荻原博子さん「老後はどうにかなる…は大間違い!」人生100年時代へ8つの実践的アドバイス

  2. 2
    照ノ富士は全勝Vなら2300万円がっぽり…あの白鵬も苦悩した「一人横綱」の“重圧報酬”か

    照ノ富士は全勝Vなら2300万円がっぽり…あの白鵬も苦悩した「一人横綱」の“重圧報酬”か

  3. 3
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  4. 4
    元阪神球団社長が明かす 新庄剛志退団騒動の一部始終「マスコミには不信感を持っています」

    元阪神球団社長が明かす 新庄剛志退団騒動の一部始終「マスコミには不信感を持っています」

  5. 5
    IOCバッハ会長の猿芝居に正体見たり 中国テニス選手の性的暴行“もみ消し”加担で五輪は死んだ

    IOCバッハ会長の猿芝居に正体見たり 中国テニス選手の性的暴行“もみ消し”加担で五輪は死んだ

もっと見る

  1. 6
    木下優樹菜はただの“おしゃべりタレント” 芸能界での「夢よ、もう一度」は通用しない

    木下優樹菜はただの“おしゃべりタレント” 芸能界での「夢よ、もう一度」は通用しない

  2. 7
    森永卓郎さんが提唱する生活防衛術「楽しい老後にしたいなら月13万円で生活設計を」

    森永卓郎さんが提唱する生活防衛術「楽しい老後にしたいなら月13万円で生活設計を」

  3. 8
    森七菜が22年1月期ドラマのヒロインに? アンチを黙らせる「復活の条件」

    森七菜が22年1月期ドラマのヒロインに? アンチを黙らせる「復活の条件」

  4. 9
    維新の「人材難」は“紅白戦の立憲”よりお寒い!代表選すら開けず、松井市長続投待望論まで浮上

    維新の「人材難」は“紅白戦の立憲”よりお寒い!代表選すら開けず、松井市長続投待望論まで浮上

  5. 10
    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に

    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に

人気キーワード