「ブレイクニュース」薬丸岳氏

公開日: 更新日:

 緊急事態宣言下に発覚したユーチューバーらの大宴会や、ついに逮捕に至った迷惑系ユーチューバーの事件など、何かと眉をひそめさせる話題の多いユーチューバー界隈。今回、著者が新たに挑んだ小説の舞台も、謎の女性が話題の事件や社会問題を独自に取材して配信するユーチューバーチャンネルだ。これまで、少年法など重いテーマを扱うことが多かった作品の中では、異色と言ってもよいだろう。

「実は僕自身、SNSとは無縁だし、ユーチューブもほとんど見ない人間ですが、昨今のネットがらみの炎上騒動などは嫌でも耳に入ってきます。そんな中で、ネットを使った“ひとりマスコミ”というアイデアが浮かんだんです。ごく普通の一般人が、個人で勝手に事件のニュースを配信するようになったらどうなるだろうと」

 主人公のユーチューバーは、野依美鈴という女性。パンツスーツを着こなす凛とした美女だが、常にブラウスのボタンを2つ外して胸元を強調している。そんな美鈴が特ダネをおさえると、カメラマンを連れて関係者のもとへ突撃し、徹底的に真実を追求し、相手のプライバシーをさらすこともいとわない取材を敢行。過激なニュース動画は注目を集め、810万回再生に達するものもあるほどの人気ユーチューバーである。チャンネル名は「野依美鈴のブレイクニュース」だ。

「今回のオリンピック開会式にまつわる問題しかり、現代ではあらゆる場面にネットの力が影響を及ぼしています。誹謗中傷なども簡単にできてしまい、他者を傷つけるだけでなくいつ自分にも降りかかってくるか分からない。そういう問題が昨今、延々と繰り返されているように感じます」

 ブレイクニュースが取材する事件は、中年世代のひきこもりに婦女暴行の冤罪事件、パパ活にヘイトスピーチなどなんでもありだ。ときには、虐待が疑われる家庭に突撃して子供の顔まで動画にアップするというやり方に、動画のコメント欄は非難の嵐で埋め尽くされることもある。

 しかし本作は、ネットの暗部を浮き彫りにするという単純な物語ではない。ブレイクニュースのインモラルに思える取材によって社会的に抹殺される人がいる一方で、救われる人もいる。美鈴が取材しなければ埋もれてしまっていた被害者が、勇気を与えられる場面も描かれていくのだ。

「ネットによる過激な誹謗中傷は決してあってはならないと思います。その一方で、セクハラや性被害を告白する場に用いられる『#MeToo』など、ネットがあったからこそ大きな岩を動かす運動になった出来事もあるはずです」

 ブレイクニュースの動画が投稿されるごとに、野依美鈴とは何者なのか、そしてなぜこのようなチャンネルをつくり、過激な取材を敢行しているのか、物語は意外な真相へと近づいていく。動画の視聴者としてヤジ馬的視点でブレイクニュースをのぞき見していた読者は、いつの間にか上質なミステリーの中へと引き込まれていくだろう。

「美鈴のやり方には賛否両論があるはず。それは僕にとって望むところで、本作を執筆した甲斐があるというものです。ネットは正義だ、いや悪だと決めつけるのではなく、その両方を持っていることに気づき、有益な使い方を模索することにつながればいい。重くて暗いと言われる私の作品の中では、本作はネットを題材にしているだけあって誰にでも身近で、比較的重くない作品と言えるはずです(笑い)。エンターテインメントとして楽しみつつ、その中でネットの存在について考えるきっかけにしてもらえればうれしいですね」

(集英社 1980円)

▽やくまる・がく 1969年兵庫県生まれ。2005年「天使のナイフ」で第51回江戸川乱歩賞を受賞しデビューを果たす。映像化作品も多く、「友罪」「Aではない君と」「悪党」「死命」などのほか、「刑事・夏目信人シリーズ」「神の子」「ガーディアン」「蒼色の大地」など著書多数。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 2
    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

  3. 3
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

  4. 4
    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

もっと見る

  1. 6
    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

  2. 7
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 8
    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

  4. 9
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 10
    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

人気キーワード