「本心」平野啓一郎著

公開日: 更新日:

 時は2040年。リアルアバターとして働く朔也は29歳のとき、母を事故で失う。母は随分前から「自由死」を望み、認めない朔也と議論をしている最中の死だった。母はなぜ「自由死」を望んだのか。僕にお金を残すためだったのか? 母の本心を知りたいと思った朔也は、AI/VR技術を使い、生前そっくりの母を再生させる。

 出来上がった母のVF(バーチャルフィギュア)に学習させるため、「情報」を求め、朔也は母と交遊のあった人々を訪ねていく。医師、パート仲間の彩花、かつて交際をしていた老作家。彼らから僕がまったく知らなかった母のもう一つの顔を知らされる。

 ある日、朔也はひょんなことから、人気アバターデザイナーのイフィーと懇意になり、彩花も加わり3人の付き合いが始まる。裕福な「あっちの世界」を間近で見ながらも、朔也は自分や愛する人々の本心を見つめていく――。

 ITが急速に進んだ社会で取り残された人々、自由死の合法化、貧困、社会の分断など今後、現代人が直面するであろう社会の課題を浮き彫りにした話題作。登場人物たちのセリフがヒントとなり展開していくさまはまるでミステリーのよう。

 ラストシーンの朔也の決意に、希望が感じられる。

(文藝春秋 1980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 2
    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

  3. 3
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

  4. 4
    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

もっと見る

  1. 6
    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

  2. 7
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 8
    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

  4. 9
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 10
    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

人気キーワード