「ナースコール!」 川上途行著

公開日: 更新日:

 看護師にとってナースコールは必要だとはわかっていても悩ましいことも多いようだ。中でも多い悩みは、同じ患者が頻回にナースコールをする。大した用事でもないのにナースコールをするというもの。ある回復期リハビリテーション病棟での調査によると、患者数五十数人の病棟で1日平均551回のナースコールがあり、排泄(はいせつ)が54%、離床介助27%。排泄介助が多いのはリハビリテーション病棟の特徴だという。

 本書の主人公もリハビリテーション病院の看護師で、やたらとナースコールで呼び出す困った患者に頭を抱えていた。

【あらすじ】南玲子は看護師2年目で埼玉県蓮田市のリハビリテーション病院に勤務している。脳出血で倒れてこの病院に2週間前に転院してきた65歳の男性、通称「なかじぃ」は、ティッシュを取るにもナースコールする困り者。この日も10分ごとにナースコールを連発し、思いあまった玲子は「看護師はお手伝いじゃないのよ」と言ってしまった。

 もともと玲子はリハビリ病院を望んでいたわけではなかった。なかじぃのおしっこだけに振り回される夜勤に何の意味があるのかと疑問に思う。なかじぃのことを新任の医師・小塚太一に報告すると、「リハビリってなんの意味?」と問われる。答えられずにいると、意味がわからずによく仕事ができるものだと言われてしまう。

 玲子は一瞬体が固まるが、その後小塚と一緒にさまざまな患者を診ることでその答えを徐々につかんでいく――。

【読みどころ】手術をしたり薬を与えたりという治療と違い、リハビリは「治る」というゴールが患者それぞれで違う。それに対して医療者はどう臨むべきなのか。リハビリテーションという治療の難しさが伝わってくる。 <石>

(ポプラ社 748円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”