「私がフェミニズムを知らなかった頃」小林エリコ著

公開日: 更新日:

「私は世の中が男女平等だと1ミリも疑っていなかった。しかし、それは全て間違いであり、それに気がつくのに私はとても時間がかかった。男女が平等でないと教えてくれたのはフェミニズムだった。……男女は平等でないというパラダイムシフトは私の中の壁を瓦解させた」

 本書は、そう語る著者がフェミニズムの視点から自らの生い立ちをたどり直したもの。

 1977年生まれの著者は、父は王様、母と娘は従順な家来という典型的な亭主関白の家庭で育ち、小学校時代に3つ上の兄から性的いたずらを受けていた。中学になるとクラスのいじめに遭うようになり、数学の教師の自宅では胸を触られるという屈辱に甘んじながら不得意な数学を教わる。

 高校生になってからは、帰り道に露出狂の男に追いかけられ、短大時代にはしょっちゅう痴漢に遭い、あるとき思いきって警察に駆け込むと、男性警官から「ふーん、ここいら辺はよく痴漢が出るんだよ」という気のない返事を受ける。思わず著者は心の中で叫ぶ。「この国の男たちは狂っているのかもしれない」と。

 社会人になってからも苦難は続く。就職氷河期の中、ようやくエロ漫画雑誌の編集の仕事を得て、体目当ての男とのだらだらした関係を続けていくが、徐々に精神に変調を来し、自殺を図り退職。デイケア施設で知り合った男性と付き合うようになるが、これもまた自分勝手で女が尽くすのを当たり前と思っているような男だった。

 その後、紆余(うよ)曲折あって、生活保護を受けることになったが、社会のどこにも属さないことに大きな恐怖を覚え、精神病院へ入院。退院後に出合ったのが、上野千鶴子の「女ぎらい ニッポンのミソジニー」という本だった。この本を読んで気づく。「今まで自分が歩んできた人生の苦労や不幸が全て『女である』ということに凝縮されているのだ」と。

 不当なことを不当と言い、間違っていることを間違っていると言う。これまで女性から奪われていた権利を高らかに掲げる著者の声が真っすぐに飛び込んでくる。 <狸>

(晶文社 1650円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

  2. 2
    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

  3. 3
    巨人「原監督続投」を吹き飛ばす“チーム空中分解”の内部情報 「全権のひずみ」とOBも警鐘

    巨人「原監督続投」を吹き飛ばす“チーム空中分解”の内部情報 「全権のひずみ」とOBも警鐘

  4. 4
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

  5. 5
    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

もっと見る

  1. 6
    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

  2. 7
    自民・甘利幹事長「政府の意思決定の中に共産党の意思が」執拗に野党共闘を“口撃”するワケ

    自民・甘利幹事長「政府の意思決定の中に共産党の意思が」執拗に野党共闘を“口撃”するワケ

  3. 8
    れいわ新選組 「野党共闘」重視した山本太郎代表の“大人の対応”が奏功…悲願達成には3議席獲得が絶対

    れいわ新選組 「野党共闘」重視した山本太郎代表の“大人の対応”が奏功…悲願達成には3議席獲得が絶対

  4. 9
    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

  5. 10
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

人気キーワード