「いつまでも白い羽根」藤岡陽子著

公開日: 更新日:

 現在、就業看護師の総数は約122万人で、この10年ほど3万~3・5万人ペースで増えている(ただし、准看護師は減少気味)。看護師になるには、大学または看護学校など3年以上の専門教育を受け、看護師国家試験に合格する必要がある。とはいえ、厳しい看護実習等で、中途退学率も高い傾向にあるといわれている。

 本書は、看護師を目指す看護学校の生徒たちの悩みながらも成長していく姿を描いている。

【あらすじ】木崎瑠美は高校2年生の夏、父親が体調を崩して仕事を辞めてしまった。そのためクラブも退部し、予備校にも通わず国立大学の入試に臨んだが、失敗。仕方なく都内の看護学校へ進むことにした。しかし本気で看護師になろうという気はなく、この先3年間、そぐわない場所で時間を費やすのに何の意味があるのだろうと疑問を抱いていた。

 クラスの仲間とも距離を置く瑠美になぜか親近感を持って近づいてきたのが山田千夏だ。千夏は不器用で失敗も多いが心優しい。千夏は今でこそ天真らんまんで明るい性格だが、中学時代に手ひどいいじめを受けていたという過去があった。子持ちで30代半ばの佐伯は、夫の強い束縛から離れるためになんとしても看護師の資格を取りたいと思っている。圧倒的な美貌と飛び抜けた頭の良さを誇る遠野は、幼い妹を医療過誤と思われる手術で亡くし、そのときの担当医への復讐を心に秘めていた。

【読みどころ】それぞれの事情でこの学校に来ている彼女らと向き合うことで瑠美のかたくなな心は少しずつほぐれていく。そして自らが担当した患者の死に接することで看護師という仕事の意味を知ることに――。新川優愛主演でTVドラマ化もされた、看護学校生の青春群像。 <石>
(光文社 814円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”