「誰がために医師はいる」松本俊彦著

公開日: 更新日:

 30年以上前「覚せい剤やめますか、それとも人間やめますか」というCMがTVで流れ、「薬物依存者=人間をやめた人たち」という刷り込みがなされた。1990年代末ごろからは、全国の中学・高校で「ダメ。ゼッタイ。」と唱える薬物乱用防止教室が開催されるようになった。薬物依存などのアディクション(嗜癖障害)臨床の最前線に身を置く精神科医である著者も、その教室に講師として何度か参加したが、そのたびに暗い気持ちになったという。

 たとえば薬物乱用防止ポスターに描かれているのは「目が落ちくぼみ、頬がこけた、ゾンビのような」薬物乱用者で、無意識に嫌悪感を刷り込んでいる。しかし現実にはゾンビのような薬物乱用者はいない。むしろ、かっこよく、健康的に見える人の方が多い。にもかかわらず、現実からかけ離れた悪のイメージによって偏見や差別意識を助長する。それは結果として薬物依存者を孤立させ、彼らを回復から遠ざけることになるのではないか。そうならば、こう主張しなければならない。「ダメ。ゼッタイ。」の呪文では、絶対ダメだ、と。

 本書の冒頭には、著者の中学時代の思い出がつづられている。仲の良かった友人が不良グループに入りシンナーに手を出して少年院に送られた。中学を卒業してから5年後、その友人は自動車事故で亡くなり、助手席には覚せい剤と思われる薬物の袋があった。そして自分が精神科医になって気づく。友人は中学時代にすでにシンナー依存症という病気にかかっていて、本来なら専門的治療を受けるべきであったのだ、と。つまり、「困った人」は「困っている人」であり、そこで必要なのは、キャンペーンやワイドショーで薬物依存者を悪者に仕立てたり法規制を増やして無用に犯罪者をつくり出すことではない。薬物に耽溺(たんでき)せざるを得ない人への支援である。

 精神科医の闘い方は、外科医のように瞬殺KOを目指すのではなく、相手に打たせて疲弊を誘いながら最終的に判定で勝つことだという著者。本書はその闘いの記録だ。 <狸>

(みすず書房 2860円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

  2. 2
    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

  3. 3
    巨人「原監督続投」を吹き飛ばす“チーム空中分解”の内部情報 「全権のひずみ」とOBも警鐘

    巨人「原監督続投」を吹き飛ばす“チーム空中分解”の内部情報 「全権のひずみ」とOBも警鐘

  4. 4
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

  5. 5
    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

もっと見る

  1. 6
    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

  2. 7
    自民・甘利幹事長「政府の意思決定の中に共産党の意思が」執拗に野党共闘を“口撃”するワケ

    自民・甘利幹事長「政府の意思決定の中に共産党の意思が」執拗に野党共闘を“口撃”するワケ

  3. 8
    れいわ新選組 「野党共闘」重視した山本太郎代表の“大人の対応”が奏功…悲願達成には3議席獲得が絶対

    れいわ新選組 「野党共闘」重視した山本太郎代表の“大人の対応”が奏功…悲願達成には3議席獲得が絶対

  4. 9
    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

  5. 10
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

人気キーワード