「絶対に面白い化学入門 世界史は化学でできている」左巻健男著

公開日: 更新日:

 水、空気、土、石、木、金属、紙、ガラス……我々の周囲には多種多様な物質があふれている。それぞれの物質には独自の構造・性質・化学反応があり、それを研究するのが化学である。学校で習う化学が苦手な人は、複雑な化学式や元素表を目にしただけで、「むずかしい」と逃げ出してしまうだろう。本書はそんな人にも、化学がどういう学問であり、その研究が人間の歴史とどのように関わり合ってきたかを興味深いエピソードを交えながらわかりやすく解説してくれる。

 たとえば「ガラスはなぜ透明なのか?」。物質の基礎は原子であり、すべての物質は原子からできている。

 原子はその中心の原子核とその周囲を回る電子とから成っている。原子はおよそ1億分の1センチで原子核の大きさはその10万分の1~1万分の1程度で電子はさらに小さい。原子の大きさを東京ドームとすると、原子核は1円硬貨ほどの大きさで、電子は砂粒程度。つまり、物質の内部は大部分がスカスカの空っぽなのだ。そこに光が当たれば原子核にも電子にもぶつからずに通過でき、透明に見えるはず。それなのに透明でない物質があるのは、物質の表面や内部で可視光線が散乱したり、吸収されたりするからだ。

 光が散乱せず吸収もされないガラスが最初につくられたのは紀元前5000年ころのメソポタミアで、以来、吹きガラスの発明、ガラス窓などの発明を経て、現在ではインターネットを支える光ファイバーに応用されている。

 人類のたゆまぬ好奇心と探究心はさまざまな災禍を克服してきた。史上最も多くの死者を生み出した感染症といわれるマラリアは、DDTという殺虫剤の登場で激減したが、同時に生態系への深刻な悪影響を引き起こした。また、第1次・第2次世界大戦における毒ガスなどの化学兵器・生物兵器、ベトナム戦争におけるナパーム弾などの兵器も化学研究から生まれたものだ。

 化学研究がもろ刃の剣であることを自戒しつつ、人類はこれからも地球温暖化などの解決に向かっていくのだろう。 <狸>

(ダイヤモンド社 1870円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

  2. 2
    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

  3. 3
    巨人「原監督続投」を吹き飛ばす“チーム空中分解”の内部情報 「全権のひずみ」とOBも警鐘

    巨人「原監督続投」を吹き飛ばす“チーム空中分解”の内部情報 「全権のひずみ」とOBも警鐘

  4. 4
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

  5. 5
    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

もっと見る

  1. 6
    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

  2. 7
    自民・甘利幹事長「政府の意思決定の中に共産党の意思が」執拗に野党共闘を“口撃”するワケ

    自民・甘利幹事長「政府の意思決定の中に共産党の意思が」執拗に野党共闘を“口撃”するワケ

  3. 8
    れいわ新選組 「野党共闘」重視した山本太郎代表の“大人の対応”が奏功…悲願達成には3議席獲得が絶対

    れいわ新選組 「野党共闘」重視した山本太郎代表の“大人の対応”が奏功…悲願達成には3議席獲得が絶対

  4. 9
    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

  5. 10
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

人気キーワード