「日本疫病図説」畑中章宏著

公開日: 更新日:

 コロナに翻弄される日々も1年半が過ぎようとしているが、そもそも人類の歴史は、感染症との戦いの歴史だった。

 顕微鏡が登場するまで、感染症はもののけや怨霊、悪鬼など目に見えない存在によってもたらされると信じられていた。

 疫病が蔓延すると、朝廷や豪族は疫病退散のために神仏を動員して祭りを行い、神社を創建したり、伽藍を建立して仏像を造営したりした。

 一方、民衆は疫病を流行させる悪鬼を疫病神(厄病神・疫神・厄神)と呼び、村境にしめ縄を張ったり、大きなわらじをかけたりして侵入を防いだ。

 社寺から授けられた護符を張ったり、絵馬を奉納して疫病神を除こうとする習俗は現代まで続く。

 疫病除けの祈願を視覚化した「疱瘡(天然痘)絵」や「はしか絵」など、中には芸術性の高いものもある。

 本書は、そうした疫病にまつわる美術や工芸品などの「疫病芸術」をはじめ、社寺の祭礼や郷土玩具など、病魔退散の祈りから生まれたさまざまな表現を紹介するビジュアルブックだ。

 古くは、平安時代末期ごろに描かれた国宝「辟邪絵」から、コロリ(コレラ)流行の際に広まった秩父の三峯神社のオオカミの護符や、疫病の流行を予言したご存じ「アマビエの図」、そして明治23年に月岡芳年が、天然痘を患った子供を背負った「痘鬼神」を源為朝がにらみつける場面を描いた「為朝の武威 痘鬼神を退くの図」(連作の一枚)まで、日本人が疫病と向き合ってきた歴史とともに紹介。

 著者は「疫病をもたらす疫神との交渉は、さまざまな表現をとりながら、私たちの生活をある側面では豊かにしてきたとも考えられる」と記す。

 先人たちの豊かな発想を楽しみながら、ポストコロナに思いを馳せる。

(笠間書院 1760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る

人気キーワード