「ダイオウイカ vs. マッコウクジラ」北村雄一

公開日: 更新日:

 深海の生き物を紹介するサイエンスエッセー。

 ネッシーや雪男に並ぶ伝説の怪物として19世紀の船乗りに盛んに目撃された「シーサーペント」(オオウミヘビ)こそダイオウイカだという。目撃証言では、シーサーペントがマッコウクジラを締め上げて深海に引きずり込んだとされるが、実態は逆。ダイオウイカは、マッコウクジラの大好物なのだ。

 その味は、歯ごたえがなく塩辛いだけだというが、その味にこそ深海を省エネで浮遊する秘密が隠されているのだとか。さらに、人間より126倍も感度がいい直径27センチの目玉が必要な理由など、まずはダイオウイカの生態に迫る。

 その他、ヘビの顔をしたサメのラブカや透明な頭を持つデメニギスなど、知られざる深海の世界をイラストを添え案内する。

(筑摩書房 902円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  8. 8

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る

人気キーワード