北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「蝶の眠る場所」水野梓著

公開日: 更新日:

 これはミステリーだ。しかしそう言ってしまうと、なにか大事なものがこぼれてしまうような気がする。

 その話の前に、この長編の内容を少しだけ紹介すると、20年前の殺人事件の犯人は(10年前に死刑が執行)、実は冤罪だったのではないか、とドキュメンタリー番組のディレクターが調べ始めるという話である。

 だから、間違いなく本書はミステリーだ。しかしそれは、表層のストーリーにすぎない。問題はそれをどう描くかだ。ネタばらしになるので詳しくは書けないものの、復讐とは何か、贖罪とは何か、国家とは何か。さまざまなモチーフが複雑に絡み合っていること。

 その強い芯がまずいい。次に、その間を縫うように、個性豊かな登場人物がリアルに動きまわり、色彩感豊かな物語を作っていること。主人公の美貴が左遷されて配属された地下2階のドキュメント班の面々(超個性的だ!)だけにとどまらず、わき役端役にいたるまで自由に呼吸しているのだ。そういう細部がいいから、この物語にどんどん引き込まれていくのである。つまり、デビュー作とは思えないほど全体が素晴らしいのだ。

 では、こぼれるものとは何か。文章がなめらかであることに留意。しみ入るように体に溶け込んでくる。小説を読むことの喜びがここにある。個人的にはこれがいちばん大きい。この作者、ハードボイルドに向いているのではないか。そんなことを思ったりもする。 (ポプラ社 1980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  8. 8

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る

人気キーワード