「『現代優生学』の脅威」池田清彦著

公開日: 更新日:

 高度な社会の実現を目的に「優秀な人間の血統のみを次世代に継承し、劣った者たちの血筋は断絶させるか、もしくは有益な人間になるよう改良する」――こうした「優生学」の研究に強く影響されたナチスは、障害者の「断種」やユダヤ人の大量殺戮(さつりく)を決行。戦後、その反省から優生学の研究はタブーとなった。

 しかし、中絶を助長する出生前診断や重度障害者や終末期の高齢者への支出削減の動きなど、近年、優生学的な傾向を持つ考えが多方面で顕著になりつつある。こうした潮流は、旧来の優生学から離れ、「生産性のない人間を直接淘汰する」という過激な方向へ向かいつつある。

 優生学の歴史を振り返り、コロナ禍で一層顕著になりつつあるこうした「現代優生学」の危険性を説く警世の書。

(集英社インターナショナル 902円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  6. 6

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

  10. 10

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

もっと見る

人気キーワード