「菅政権 東大話法とやってる感政治」宇佐美典也著/星海社新書

公開日: 更新日:

 東大経由経産省キャリア官僚から抜け出した著者による一冊。菅政権及び、日本のエラい人による「何言ってるんだよ、こいつ……」と呆れる一言がいかにして生まれ、それがどうして現在の政治でまかり通っているのかを読み解く。

 国会答弁や記者会見等でいつもモヤモヤする言葉を皆さんも感じているだろう。まえがきではこれらが列挙され、これを「東大話法」と呼ぶ。この言葉は東大の安冨歩教授が生み出したものだが、本書の筆者はこれを日本の政治にあてはめて分析する。以下はいずれも菅義偉首相の得意なセリフだ。

「そのような指摘は当たらない」

「仮定の話にはお答えできない」

「答える立場にない」

「個別の事案についてお答えすることは差し控えたいと思います」

 私が特に嫌いなのは「仮定の……」と「個別の……」である。いや、仮定で聞いてるんだから答えろよ! と思うし、「全体じゃなければ答えられないってどういうことだ!」と思う。本書は菅氏の所信表明演説を含め、これまでの発言に込められた意図を読み込み分析するスタイルを取る。

 これは! と思った一節を紹介する。内閣支持率に関する分析部分だ。

〈かつて第一次安倍政権や麻生政権は失言で内閣崩壊にまで追い込まれたわけだが、今やその時代は遠く「人柄が信頼できて」「実行力があれば」大抵のことは許される時代なのである。逆に言えば「人柄が信頼できなくて」「実行力がない」と見なされれば国民の支持は離れていく〉

 本来、政策で政治家は評価されるべきなのに妙な評価軸が今は定着していることを筆者は指摘する。賛否両論を呼ぶ、しかし将来的には日本にとって有益な政策を過激な言葉で言うことはもはやはばかられる状態になっているのである。

 菅政権全般の分析をしているが、本書の白眉は菅氏と同氏の「天敵」ともいえる東京新聞の望月衣塑子記者がなぜ噛み合わないかの分析だ。望月氏といえば、官房長官時代の菅氏に執拗に食いつき、菅氏が無表情でやり過ごすさまを覚えている方も多いだろう。

〈望月氏と菅氏は水と油のような存在である。それはお互いがそれぞれ自分を「国民の代表として政治を正す存在だ」と思っているからである〉

 地方出身のたたき上げで庶民の代表だと思い込んでいる菅氏と「権力は悪でマスコミはその悪を暴く」という使命を持っている望月氏はどちらもトンチンカンであると指摘する。2人の噛み合わなさがこれで理解できた。 ★★半(選者・中川淳一郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  2. 2
    橋本環奈は恋愛報道での“共演NG”を覆した! 平野紫耀に次ぐ「相棒」は目黒蓮か松村北斗?

    橋本環奈は恋愛報道での“共演NG”を覆した! 平野紫耀に次ぐ「相棒」は目黒蓮か松村北斗?

  3. 3
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  4. 4
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

  5. 5
    山口百恵ちゃんが歌手になったのは…スタ誕の森昌子ちゃんに刺激されたから

    山口百恵ちゃんが歌手になったのは…スタ誕の森昌子ちゃんに刺激されたから

  1. 6
    「ルフィ」と6代目山口組のただならぬ関係…特殊詐欺事件に絡み組事務所ガサ入れの過去

    「ルフィ」と6代目山口組のただならぬ関係…特殊詐欺事件に絡み組事務所ガサ入れの過去

  2. 7
    3大事務所のYGから大量流出 日本市場と“辞めジャニ”を狙う韓国芸能事務所の最新勢力図

    3大事務所のYGから大量流出 日本市場と“辞めジャニ”を狙う韓国芸能事務所の最新勢力図

  3. 8
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 9
    年金支給額1.9%増は焼け石に水…高齢者の物価上昇率は平均2.5%より過酷、足元では5%に迫る

    年金支給額1.9%増は焼け石に水…高齢者の物価上昇率は平均2.5%より過酷、足元では5%に迫る

  5. 10
    投げた車のキーがカナダ人女性の顔面にグサリ! 嘘のような本当の“事故体験”が大バズり

    投げた車のキーがカナダ人女性の顔面にグサリ! 嘘のような本当の“事故体験”が大バズり