「産声が消えていく」太田靖之著

公開日: 更新日:

 戦後日本の出生数は、第1次ベビーブームの1949年の約270万人をピークに、途中第2次ベビーブームを挟んで漸減し、昨2020年は過去最低の約87万人。こうした出生数の低下に伴い、産婦人科を志望する医師も減少している。産科医のなり手が少ない要因としては他にも労働条件が過酷、訴訟リスクが高いなども挙げられている。産科の現場を舞台にした本書には、産科医療崩壊の実態が生々しく描かれている。

【あらすじ】菊池堅一は医師国家試験合格後、医局に入局せずに、誰もがいつでも受けられる医療をモットーとする医療法人、中部希望会総合病院産婦人科の研修医となった。同科の常勤医は春日井部長と卒業後6年目の夏目の2人のみ。産科医不足は既定の事実だった。しかし医師不足は想像以上に深刻で、現場の最前線は医師・看護師の個々の献身的な努力によってかろうじて支えられていた。

 ところが、院長と対立していた春日井部長が退職し夏目との2人体制になってしまう。さらには夏目までが精神に異常を来し、ついに菊池1人に。おまけに看護師たちからも不満続出で、まさに崩壊寸前。

 そんな折、ある妊婦の分娩に立ち会っていた菊池のもとに急患の手術要請が舞い込む。分娩は順調そうなので手術に向かうが、その間に妊婦の状態が急変。戻った菊池は帝王切開して赤ん坊を取り出すが、障害が残ってしまった。障害が生じたのは他の患者を優先して処置が遅れたからだと訴えられる……。

【読みどころ】著者は名古屋の病院で産科医長として勤務した後、現在はフリーの産科医として全国を飛び回っている。現役医師ならではの精緻な描写が、医療崩壊の実情をリアルに伝えてくれる。 <石>

(祥伝社 755円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

  2. 2
    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

  3. 3
    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

  4. 4
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  5. 5
    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

もっと見る

  1. 6
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  2. 7
    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

  3. 8
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  4. 9
    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

  5. 10
    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣

    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣

人気キーワード