「つるかめ助産院」小川糸著

公開日: 更新日:

 現在、出産する場所というと、産科専門病院あるいは総合病院がほとんどだが、70年前の1950年には約96%が自宅・助産院(助産所)での出産だった。2014年における助産院出産は0・8%、自宅出産は0・2%、合わせてわずか1%にすぎない。いまや助産院や自宅出産は時代遅れといえるかも知れないが、助産院や自宅出産を望む人も少なからずいる。病院一辺倒でなくもうひとつの出産のツールを持つことは、価値の多様化の意味でも必要だろう。本書は、南の島にある助産院を舞台にした物語だ。

【あらすじ】まりあは28歳。都会の片隅の小さなマンションで夫の小野寺君とつましく暮らしていた。ところが1カ月半前、小野寺君は忽然と姿を消してしまった。勤め先も辞め、彼の実家にも連絡がないという。なす術もない中、思い浮かんだのが、彼と一緒に行ったことのある南の島だった。

 あの島に行けば会えるかも知れない。島に着き、あてどなく歩いていると、声をかけられた。この島でつるかめ助産院を経営している鶴田亀子だ。驚いたことに、会ったばかりなのにまりあが妊娠しているのではないかと言う。調べてみると亀子の言う通りだった。

 最初は戸惑ったまりあだが、助産院を手伝いながらこの島で子供を産む決意をする。2歳まで乳児院で育ち、養父母ともしっくりいかず夫にも去られて不幸のどん底にいると思っていたまりあだが、亀子をはじめとする助産院のスタッフや、懸命に新しい命を生み出そうとする産婦たちの決して順当でない境涯を知るにつれ、徐々に自分が生かされている意味を理解していく――。

【読みどころ】ゆったりとした時間が流れる南の島で、新たな命を生み出す感動的なドラマがくり広げられる。 <石>

(集英社 693円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

  2. 2
    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

  3. 3
    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

  4. 4
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  5. 5
    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

もっと見る

  1. 6
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  2. 7
    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

  3. 8
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  4. 9
    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

  5. 10
    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣

    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣

人気キーワード