「おまじない」西加奈子著

公開日: 更新日:

 小6のすみれの家に仕事で上京する祖父がひと月滞在することになった。大学教授の祖父は、いつもおしゃれで上品で、3年前に妻を亡くしてからも長野で一人暮らしをしている。祖父はホテル暮らしをすると言ったのだが、ママが強引に自宅に招いたのだ。

 話が決まってからママは準備に余念がない。そしてついに祖父がやってきた。すみれは決して祖父のことが嫌いではないが、ママに合わせて大歓迎するふりをしていると、疲れてしまう。半月ほど経ったころ、祖父も同じ気持ちだと知る。あれほど上品だった祖母も、祖父には悪態をついていたらしい(「孫係」)。

 本音を明かせず家族や人間関係に引きずられながら生きる女性や少女の背中をそっと押す珠玉の「おまじない」がちりばめられた短編集。

(筑摩書房 682円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  5. 5

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  6. 6

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  7. 7

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  8. 8

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    国会延長を拒否した菅首相、三原副大臣、平井大臣の二枚舌

もっと見る

人気キーワード