「殺人記念日」サマンサ・ダウニング著 唐木田みゆき訳

公開日: 更新日:

 フロリダの高級住宅街に住むテニスコーチの「わたし」は、聴覚障害者の会計士・トビアスに成りすましてペトラに近づき、ベッドを共にする。しかし、健常者だと気づかれ、彼女を候補から外し、次に目をつけていたホテルのフロント係ナオミの監視を始める。

 わたしが探しているのは、妻のミリセントと2人で殺す4人目の犠牲者だ。そんな中、1年前に殺したリンジーの遺体が発見されてしまう。1年前、友人に預けていた娘の体調が悪くなり、呼び出されたわたしは、リンジーの殺害に立ち会っていない。警察の発表によると、リンジーの遺体は死後2、3週間だという。戸惑うわたしにミリセントは何も教えてくれない。

 シリアルキラーの夫婦を主人公にした戦慄の長編サスペンス。

(早川書房 1386円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  7. 7

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  8. 8

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  9. 9

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  10. 10

    国会延長を拒否した菅首相、三原副大臣、平井大臣の二枚舌

もっと見る

人気キーワード