「整える習慣」小林弘幸著

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスは、感染者以外の心身も大きく乱している。感染を防ぐことは大切だが、コロナ禍が長期化する中、本当に恐れなければならないのは、自律神経の乱れやメンタル不調、筋力低下などの問題だと医師の著者は指摘する。コロナに負けず、毎日を「希望を持って、イキイキと生きる」ための心身の整え方を伝える健康テキスト。

 例えば、1日1枚でいいので「写真を撮る習慣」を持つ。そうすれば散歩にも出かけるし、通勤時の景色や毎回の食事にも目を向けるようになる。日常に「これいいな」「おもしろいな」と感じる瞬間をつくり出すことで自律神経が整い、気分が上向いてくるという。他にも「かばんの中を整理する」「怒りがわいてきたらとにかく黙る」など人生を整える108の習慣を提案。

(日経BP 日本経済新聞出版本部 880円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  7. 7

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  8. 8

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    国会延長を拒否した菅首相、三原副大臣、平井大臣の二枚舌

もっと見る

人気キーワード