「時代を撃つノンフィクション100」佐高信著

公開日: 更新日:

 さまざまなタブーに挑み、社会や人間をローアングルの視点からとらえたノンフィクションを紹介するブックガイド。

 拘置所で字を覚え、猛烈に勉強して、自らが同じ階級の人を4人も殺してしまったことに気づいて愕然となった連続殺人犯・永山則夫が獄中で記した「無知の涙」や、何も考えずに減反を強制した末にそれを解除する無責任な政府への憤りが凝縮した福島の農民詩人・草野比佐男の「村の女は眠れない」など、まずは格差社会をテーマにした作品を紹介。ほかにも、内橋克人の「共生の大地」や大下英治の「電通の深層」などの経済をテーマにした作品をはじめ、宗教やアウトロー、メディア、歴史などさまざまな分野の古典から2010年代の問題作まで網羅。

(岩波書店 902円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  7. 7

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  8. 8

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  9. 9

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  10. 10

    国会延長を拒否した菅首相、三原副大臣、平井大臣の二枚舌

もっと見る

人気キーワード