「道草の解剖図鑑」金田初代著

公開日: 更新日:

 散歩中、目を楽しませてくれる鮮やかな黄色のタンポポ。近年はヨーロッパ原産の「セイヨウタンポポ」が増え、日本に自生する「カントウタンポポ」や長野県以西に多い「カンサイタンポポ」が少なくなっていることは今や周知の事実である。では、その見分け方をご存じだろうか?

 花序と呼ばれる花の集まりを外側から包むように支え守る「総苞片」に注目。つぼみの時から総苞片の外側部分=総苞外片が反り返って垂れ下がっているのが「セイヨウタンポポ」で、総苞片が直立して反り返らないのが日本のタンポポ。さらに、総苞外片の先端にこぶ状、もしくは角状の突起があるのが「カントウタンポポ」で、総苞片が反り返らず外片の先の角状突起がほとんどないのが「カンサイタンポポ」だという。

 街中の散歩道をはじめ、公園や雑木林など、身近な場所で普通に見られる、そんな野草について教えてくれるイラスト図鑑。

 他にも見分けが難しいハルジオンとヒメジョオンをはじめ、オオイヌノフグリとスミレなどのお馴染みから、よく見るけど名前が分からない野草まで、色鮮やかなイラストで解説。似たような花は、花や葉の形、大きさ、つき方などポイント部分の拡大イラストも添えられ分かりやすい。ちなみに、つぼみがうなだれるように下を向いているのがハルジオンで、上を向いているのがヒメジョオン。

 花の咲く順番に早春から晩秋まで、季節ごと、科名ごとに200種以上の野草を網羅する。

 葉や茎をもむとハーブのタイムに似た香りの「カキドオシのペペロンチーノ」や、茎を割いて手首に巻く「タンポポの腕時計」など、野草の味わい方、遊び方も紹介。

 コロナ禍で必要に迫られて始めた散歩が、がぜん楽しくなるおすすめ本。

(エクスナレッジ 1760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

人気キーワード