「法医昆虫学者の事件簿」 マディソン・リー・ゴフ著 垂水雄二訳

公開日: 更新日:

 死体に群がるウジなどの虫を調べて死亡時刻や死後の経過時間を特定する法医昆虫学が、実際の捜査や裁判に活用されるようになったのは割と近年のことだ。本書の著者はFBIで法医昆虫学の講義をしているアメリカでの第一人者。著者がこの世界に入った1980年代の初めは、まだ法医昆虫学が検出した証拠は懐疑の目で見られることが多く、90年代半ばになってようやく評価が定まったという。

 本書は著者が関わったさまざまな事件を取り上げ、いかなる過程を踏んで犯行時期を特定していくのかが具体的に書かれている。ノンフィクションであるが、推理を駆使する手際は、まさにミステリー小説で、現に本書の影響を受けたミステリーが書かれている。

【概要】1996年2月25日、カリフォルニア州北部の小さな町で11歳の少女が行方不明になったと両親から届けられた。最後に少女の姿が目撃されてから約1カ月後、家の近くの陶器窯の中から少女の遺体が発見される。

 著者は付着していたウジを特定し、ハエが遺体に卵を産みつけたのは3月14~15日と鑑定。さらに当時の気温データを分析した結果、それ以前は気温が低くハエの活動は制限されており、少女が死んですぐに窯に入れられたと結論。相手は昆虫という生物なので、環境が変われば、その行動も変わってくる。たとえば焼死体や木に吊るされた状態の場合、通常とどう異なるのか。それらを検証すべく著者はブタなどを用いて詳細な実験を行い、新たなデータを獲得していく。

【読みどころ】著者らの綿密な実証研究により、いまやアメリカでは法医昆虫学は法医学の一分野として重きを置かれるようになったという。日本では未開拓の分野だが、今後の発展を期待したい。 <石>

(草思社 990円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点