「法医昆虫学者の事件簿」 マディソン・リー・ゴフ著 垂水雄二訳

公開日: 更新日:

 死体に群がるウジなどの虫を調べて死亡時刻や死後の経過時間を特定する法医昆虫学が、実際の捜査や裁判に活用されるようになったのは割と近年のことだ。本書の著者はFBIで法医昆虫学の講義をしているアメリカでの第一人者。著者がこの世界に入った1980年代の初めは、まだ法医昆虫学が検出した証拠は懐疑の目で見られることが多く、90年代半ばになってようやく評価が定まったという。

 本書は著者が関わったさまざまな事件を取り上げ、いかなる過程を踏んで犯行時期を特定していくのかが具体的に書かれている。ノンフィクションであるが、推理を駆使する手際は、まさにミステリー小説で、現に本書の影響を受けたミステリーが書かれている。

【概要】1996年2月25日、カリフォルニア州北部の小さな町で11歳の少女が行方不明になったと両親から届けられた。最後に少女の姿が目撃されてから約1カ月後、家の近くの陶器窯の中から少女の遺体が発見される。

 著者は付着していたウジを特定し、ハエが遺体に卵を産みつけたのは3月14~15日と鑑定。さらに当時の気温データを分析した結果、それ以前は気温が低くハエの活動は制限されており、少女が死んですぐに窯に入れられたと結論。相手は昆虫という生物なので、環境が変われば、その行動も変わってくる。たとえば焼死体や木に吊るされた状態の場合、通常とどう異なるのか。それらを検証すべく著者はブタなどを用いて詳細な実験を行い、新たなデータを獲得していく。

【読みどころ】著者らの綿密な実証研究により、いまやアメリカでは法医昆虫学は法医学の一分野として重きを置かれるようになったという。日本では未開拓の分野だが、今後の発展を期待したい。 <石>

(草思社 990円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

  2. 2
    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

  3. 3
    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

  4. 4
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  5. 5
    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

もっと見る

  1. 6
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  2. 7
    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

  3. 8
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  4. 9
    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

  5. 10
    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣

    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣

人気キーワード