「あの懐かしい味の野菜を自分でつくる」岩崎政利、関戸勇著

公開日: 更新日:

 日本書紀にも記されるほど、日本人に古くから食べられていたダイコン。日本各地で、お馴染みの白いものから赤や丸、辛味の強弱などさまざまなダイコンが作られてきた。

 だが、今、店頭に並ぶのは「青首ダイコン」一色だ。ダイコンに限らず、店で買える野菜は、輸送に便利なように形が揃い、日持ちするように作り出された通称F1(エフワン)と呼ばれる交配種ばかりになってしまった。

 本書は、子供の頃に丸かじりした滋味あふれるトマトや、ほのかな甘味を感じるマクワウリなど、昔ながらの懐かしい味がする伝統野菜を「昔野菜」と名付け、家庭菜園での育て方を解説したビジュアルテキスト。

 昔野菜は家庭菜園に向いているという。野菜の自然なサイクルに合わせて作るので、肥料も少なく農薬に頼らない健全な野菜作りが実現。一度の収量は多くはないが、収穫が長く続くからだ。

 タネも、最初は買うにしても、2回目からは自分で採ることもできる。

 端境期で野菜が少なくなる4月に採れる「葉ゴボウ」は、密植させることで軟らかく育つ。葉から茎、根まですべて刻んできんぴらにすると香りが生きておいしいそうだ。

 その他、江戸時代に「ヒユナ」の名で栽培されていた「バイアム」や「オカノリ」などの春野菜に始まり、未熟な小さな実から太くなってしまったものまで成長のどの過程でもおいしく食べられる「地キュウリ」、無肥料の土で育てたほうが味が良いという秋収穫の「ツクネイモ」、そして福岡県博多の在来種「かつお菜」などの冬野菜に至るまで134種を網羅。

 栽培のコツや簡単レシピ、さらには畑づくりや、タネの採り方と保存法まで、至れり尽くせり。長引く「おうち時間」を、家庭菜園で楽しくおいしく過ごそう。

(新潮社 2100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

人気キーワード