北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「アクティベイター」冲方丁著

公開日: 更新日:

 中国のステルス爆撃機が「我、亡命を希望す」と交信したあと、羽田空港に突如、舞い降りる。しかも積んでいるのは核兵器、とその爆撃機の女性パイロットが言うから騒然。本書は、この緊迫した場面から始まる物語である。

 亡命の希望は本当なのか。何かの策略なのか。背景にはどんな陰謀があるのか。警察庁の鶴来は、女性パイロットを事情聴取しようと羽田から護送するが、その途中に何者かのグループに拉致され、ここから先は、錯綜というか、混迷の一途。核起爆の鍵を握るパイロットの身柄をめぐり、中国の工作員、ロシアの暗殺者、そしてアメリカの情報将校、さらには韓国の追跡者までもが追ってきて、複雑に絡み合うのである。

 しかも、警察の情報が流れているようで、内部の人間も信用できない。経産省、外務省などの日本の各省庁の争いも、思惑のぶつかり合いという範疇を超えて鶴来の前に立ちふさがる。いったい誰が味方で、誰が敵なのか、皆目わからないという状況に鶴来は立たされるのだ。

 これだけでも緊迫感あふれるサスペンスを十分に堪能できるが、実は本書を際立たせているのは、アクションシーンの迫力だ。これが素晴らしい。ここを叩くとどうなるか、と具体的に語りながら進めていくのでわかりやすく、ひとつずつの動作がスローモーションを見るかのように映像的なのだ。その息つく暇ないアクションの完成度に拍手。

 (集英社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ