北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ばあさんは15歳」阿川佐和子著

公開日: 更新日:

 主人公は、高校入学直前の内村菜緒。母方の祖母・和を連れて東京タワーにのぼった帰り、降下のエレベーターがヘンな音を立てるのが発端。地上に降りてみたら、なんだかヘンだ。街には電線が多く、さらに空が広がっている。高いビルがないのだ。どういうわけか、56年前、昭和38年にタイムスリップしてしまったというわけ。本書はここから始まる物語だ。

 小説家・阿川佐和子の才能についてはいまさら言うまでもない。坪田譲治文学賞を受賞した「ウメ子」をはじめ、「スープ・オペラ」「婚約のあとで」「正義のセ」など、数々の傑作がある。本書も、そういう傑作群に並ぶ作品といえる。ホントにうまい。

 祖母の和が、将来の祖父と無事に結婚しないと菜緒は生まれてこないことになるから、まず障害を取り除き、2人が結ばれるように奮闘する。さらに、仕出し屋を営む実家で働くせっちゃんが、故郷の水害で命を落とさないようにも知恵を絞らなければならない。未来を知っていると結構大変なのである。そういうドタバタが、秀逸な人物造形とともに軽妙に描かれていく。

 ネタばらしになるので詳しくは書けないがそのタイムスリップをめぐる法則、条件などもあって、これも面白い。1つだけ書いておけば、東京タワー、通天閣など、各地のタワー系がタイムスリップの入り口なのだという。ホントかよ、と楽しくなってくる。

 (中央公論新社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ