「転生」貫井徳郎著

公開日: 更新日:

 1967年12月、南アで世界初の心臓移植手術が成功、日本では翌年8月に札幌医大で行われた。当初この手術は快挙として日本中が沸いたが、レシピエント(移植希望者)の青年が死亡した後、この手術を巡ってさまざまな疑義が呈された。

 この事件を巡る小説として、渡辺淳一著「白い宴」、吉村昭著「神々の沈黙」などがある。本書は、日本で18例目の移植を受けた主人公にドナー(臓器提供者)の記憶の一部が転移するという稀有な例を扱ったもの。

【あらすじ】和泉は大学1年のときに拡張型心筋症が発症し、心臓移植手術を行わなければ遠からず死が待ち受けていると宣告される。

 和泉は自己憐憫にまみれてめそめそすることは避け、弱った心臓をだましだまし淡々と日々を送っていたが、20歳の春を迎えたある日、心臓提供者が現れたと告げられた。手術は成功裏に終わり、予後も問題なく回復に向けて順調に経過していた。

 ところが、それまでまるで興味のなかったクラシック音楽が好きになったり、猛烈にステーキを食べたくなったり、それまでの和泉の嗜好とはまるで違ったものを欲するようになった。

 決定的なのは夢だった。恵梨子という女性が頻繁に夢に現れ、彼女が経験したことがリアルに思い出されるのだ。もしかして自分に心臓を提供したのはこの恵梨子ではないか。そう思った和泉はタブーであるドナーの家族と接触を図るが、示された写真は恵梨子とはまるで別人だった……。

【読みどころ】最初のうちはいささか荒唐無稽なファンタジーといった展開だが、和泉がドナーの正体に迫っていく過程で、和泉の移植手術の背景に潜む移植医療の倫理を巡る問題が大きく浮上してくる。450ページ超の力作長編。 <石>

(幻冬舎 648円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点