「廃用身」久坂部羊著

公開日: 更新日:

 長期の寝たきりの状態になると、廃用症候群と呼ばれる心身のさまざまな機能低下が起こる場合がある。主な症状に、筋萎縮、関節拘縮、誤嚥性肺炎、血栓塞栓症、うつ状態、譫妄などがある。この状態に陥ると本人はもちろんのこと、介護者の負担も大きくなる。特に麻痺して回復の見込みがなく「廃用身」となってしまった手足は介護の枷となる。いっそこれらの手足を切ってしまえば患者・介護者双方の負担を軽減できるのではないか……。本書はこの禁断の領域に踏み込んだ問題作。

【あらすじ】漆原糾は、神戸の老人デイケアを中心とした老人医療施設「異人坂クリニック」の院長。漆原が目指すのは、患者の憂いを取り去ること。症状はあっても患者が幸福な気分でいればQOL(生活の質)が維持できる。

 そうした中、漆原は1人の患者に注目していた。妻と息子の3人で六甲山の豪邸に住んでいた岩上は2年前に脳梗塞で倒れ、下半身と左上肢が完全に麻痺していた。体重が90キロもあり、移動や服の着脱に骨が折れる。おまけに妻と息子から虐待を受けており、褥瘡の手当てなどを満足にしてもらえない。麻痺した手足は時に勝手な動きをして介護の邪魔になる。折しも左足が壊疽となり切断を迫られた。

 漆原は左足と一緒に右足と左手も一緒に切れば体重も軽くなり介護も楽になると言う。この思い切った提案を岩上にするとしばしの逡巡の後、岩上は承諾。手術はうまくいき、岩上も手足の痛みから解放されて性格も明るくなる。この岩上の成功を機に、漆原に自分の廃用身も切ってほしいと言ってくる患者が続出する……。

【読みどころ】長年、医師として高齢者・末期医療の最前線で患者と向き合ってきた著者の衝撃のデビュー作。<石>

(幻冬舎600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

  2. 2
    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

  3. 3
    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

  4. 4
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  5. 5
    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

もっと見る

  1. 6
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  2. 7
    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

  3. 8
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  4. 9
    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

  5. 10
    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣

    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣

人気キーワード