「泣くな研修医」中山祐次郎著

公開日: 更新日:

 研修医というと、過酷な労働環境の代名詞ともされるほど過重労働が課される職種とされている。近年は働き方改革が叫ばれ、その働き方はかなり改善してきているというが、1980年生まれの著者の研修医時代がモデルとされているであろう本書の主人公の働き方は半端ではない。それでも遮二無二患者と向き合っていくその姿は心を揺さぶられる。

【あらすじ】雨野隆治は鹿児島の大学で医師国家試験に受かったばかりの研修医。東京・下町の総合病院で研修医の1年目をスタートさせた。

 勤務について以来、ほとんど家に帰らず病院で寝泊まりするという忙しい生活を送っていたが、医者といってもまだタマゴ。経験もなく、研修医が単独で行ってもいい処置や処方も限られている。それに比べて外科の直属の上司である後期研修医の佐藤玲はすべてをそつなくこなす。交通事故に遭い、救急で運ばれてきた5歳の少年の対処も担当医とともに見事に処置した。それに引き換え初めて手術に立ち会った隆治は、いたいけな少年の姿を見て立ちくらみを起こしてしまう。あと4年すれば自分も佐藤のようになれるのかと不安を覚える。

 一方で、生活保護を受けている末期がん患者に対して、認知症と94歳という高齢を理由に病院が継続治療を断念したことに隆治は納得できずに苦悶する。また自分と同い年の患者を初めてみとったときは、何もできなかった自分の無力さに打ちのめされる……。

【読みどころ】すべてが初めて尽くしの隆治が医者として成長していく姿が描かれるが、なんとも人間くさい隆治が魅力的だ。福島県の原発近くの無人となった病院の院長に勇躍志願した著者の若き日の姿をそこに感じることができる。 <石>

(幻冬舎 630円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点