「図鑑哲学」トム・ジャクソン著 高橋昌一郎監訳 屋代菜海訳

公開日: 更新日:

 コロナだけでなく、分断や紛争、格差など、人類の先行きには不安がいっぱい。地球規模だけでなくとも、それぞれに悩みを抱え、不安が尽きないという人も多いことだろう。

 そんなときは哲学だ。難解そうで、すぐに人生に役立つとは思えない哲学だが、その歴史を見渡せば、今までとは異なる考え方ができたり、自分の存在について他にも多くの捉え方があることに気づくことができるという。

 本書は、偉大な思想家たちが人類史に刻んだ100の哲学的な見解を紹介する図鑑。その見解のひとつひとつが、人類にとっての発見であり、世界の成り立ちや人間のありように対する理解を変えてきた重要な問題を取り上げている。

 哲学の始まりは「世界は何でつくられているのだろう」というシンプルな疑問だった。紀元前6世紀、ギリシャの港町ミレトスに住むタレスは、それまでの「魔法によって」や「神話によると」という答えに納得せず、「あらゆるものは水からできている」と考えた。この世界はひとつのものからできているとする考え方は「一元論」と呼ばれ、タレスから西洋思想が始まったといわれる。

 以降、ソクラテスなどの古代ギリシャ哲学に始まり、また「哲学に近い」と言われてきた仏教、「神が存在するか、しないか」どちらに賭けるかを考えたパスカル、1790年代に有史以来の男性優位に抵抗を試みた史上初のフェミニストのメアリ・ウルストンクラフト、そしてこの世界はすべて未来のコンピューターシミュレーションでつくられた存在だという仮説を提唱する現代の哲学者ニック・ボストロムまで。人類の世界観を覆した人々とその哲学的成果を解説する。

 彼らの思想が、思い悩む私たちに意外な視点と新たな光をもたらしてくれるはずだ。

(ニュートンプレス 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

人気キーワード