「菅義偉の正体」森 功著/小学館新書

公開日: 更新日:

「いかに信念のない政治家が多いことか」

 菅首相が著者にそう語ったという箇所を読んで私は大笑いしてしまった。自分のことはわからないと言われるが、これはひどすぎる。

 菅が「いかに信念のない政治家」であるかは創価学会(公明党)批判から大転換したことでも明らかだろう。

 1996年秋の衆議院議員選挙に菅が神奈川2区から立候補した時、相手は創価学会の青年部長をやった新進党(現公明党)の上田晃弘だった。学会は連日1万人前後の全国動員をかけて上田を全面支援した。それに対し、菅も学会の名誉会長、池田大作を“人間の仮面をかぶった狼”とまで罵倒し、自民党執行部が心配するほど激しい学会批判を展開したのである。各所で摩擦も起こった。

 しかし、次の2000年の選挙では自民党は公明党と手を組み、菅も学会に協力を求める。一度挨拶に来いと言われ、菅は秘書の渋谷健と一緒に学会の神奈川県本部に出かけた。

「菅さん、あんたこないだの選挙で、池田先生のことを何て言った? あんなに批判しておいて気持ちは変わったのか」

 地域のトップにこう詰られ、1時間ほど、菅は言い訳に懸命だった。

「おい渋谷、最初はほんとに怖かったな」と菅はのちに言ったらしいが、この大変身(心変わり)は学会のトップでなくても、追及したいところである。

 ウソは菅のお家芸なのだろう。「ウソつき、帰れ」と言われても、この男は何の痛みも感じないに違いない。それが身にしみつき、習い性となっているからだ。菅が池田に投げた“人間の仮面をかぶった狼”という名称は、むしろ、菅にこそふさわしい。菅以前に自民党で学会と太いパイプを持っていたのは野中広務だった。しかし、野中はまだ学会ではなく、公明党と連携していた。ところが菅は「政教分離」など知ったことか、と学会の副会長、佐藤浩とじかに取引している。

 菅は竹中平蔵や高橋洋一らの新自由主義者を重用している。私は「総理大臣菅義偉の大罪」(河出書房新社)で、著者と同じくその点を指摘するとともに、2009年に高橋が窃盗容疑で書類送検されたことを糾弾した。それがバレて高橋は東洋大学教授をクビになっている。それを菅は参与にしたのだが、日本学術会議の問題を見ても、自分に逆らわなければドロボーでもいいという菅はまさに「バカな大将、敵より怖い」である。

 ★★★(選者・佐高信)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

人気キーワード