「禁じられたメス」久間十義著

公開日: 更新日:

 病気腎移植(修復腎移植)とは、がんや肝炎などの疾患のあるドナーの腎臓から病巣を取り除き、それを移植する治療技術。従来病巣を切除した腎臓は捨てられていたが、修復して移植することができれば、腎移植が必要な人にとっての福音となる。当初倫理的に問題があるなどとされていたが、現在は先進医療として認められている。

 本書はこの腎移植をめぐる問題を扱っている。

【あらすじ】柿沼東子は有朋堂総合病院の泌尿器科の医師。夫との間に1歳半になる娘がいる。

 育児と仕事の両立は難しく日々ストレスを抱えており、魔が差したのか、東子は研修医時代の指導医と関係を持ってしまった。それを知った夫から離婚を言い渡され、娘の親権も失う。さらに女手ひとつで東子を育ててくれた母が亡くなる。

 東子は失意のまま宮城県牡鹿半島にある陸前会伊達湊病院で働くことに。同病院では、天才外科医の陸奥をリーダーとする腎移植チームが高度な技術を駆使して高い評価を得ていた。東子はそこで病気腎移植という画期的な技術があることを知り、自分もそれを身につけるべく努力の日々を送っていた。

 そこへ陸奥らが臓器売買に関わっていたのではないかとの嫌疑がかかる。以前から病気腎移植に懸念を抱いていた学会や保健省はここぞとばかりに陸奥らに激しいバッシングを行う。この移植技術の大きな可能性を信じる東子たちは懸命に安全性と有用性を訴えていく。

 ようやく認められるようになった直後、東日本大震災が東子たちの病院を襲う……。

【読みどころ】実際に起きた病気腎移植に関するスキャンダルを下敷きに、運命に翻弄されながらもたくましく生きるひとりの女性医師の姿が鮮烈に描かれる。<石>

(新潮社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  2. 2
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  3. 3
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  4. 4
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

  2. 7
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  3. 8
    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

  4. 9
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  5. 10
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂