「新宿特別区警察署Lの捜査官」吉川英梨著

公開日: 更新日:

 歌舞伎町をはじめとする新宿の歓楽街のみを管轄する「新宿特別区警察署」、通称「新宿L署」。着任の初日、新井琴音警部は息子の発熱で大遅刻。署ではギャルのような服装の部下、堂原六花巡査部長が待っており、歌舞伎町のホテルで全裸女性の死体が見つかったと伝えられる。

 遺体の女性は中尾美沙子43歳。一緒に宿泊していた18歳の息子・尚人は姿を消しており、現場には凶器を購入したレシート、そして使用済みのオナホールが残されていた。販売元に心当たりがあるという六花と共に聞き込みを始めた琴音は、やがて上司の「堂原がいないと2丁目は仕切れない」という言葉を痛感することに。そんな中、今度はショーパブで無差別殺傷事件が発生。犠牲者はオナホール販売者の女性で、事件当時、現場のパブでは六花と琴音の夫で警部補の敦が一緒に飲んでいた……。

 生真面目な警察署幹部の琴音と、レズビアンを公言する異色の捜査官・六花との新コンビ、新宿L署の面々が事件解決に挑む警察小説。

 猟奇事件の捜査を軸に、男性中心の組織で働く2人の女性の生きざま、現代社会にはびこる偏見などを織り込みながら展開。一気読み必至のエンタメだ。

 (KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!